Top > Search Technology seeds > (In Japanese)生体適合性と温度応答性を併せ持つ高分子

(In Japanese)生体適合性と温度応答性を併せ持つ高分子

Seeds code S110006586
Posted date Nov 28, 2011
Researchers
  • (In Japanese)田中 賢
  • (In Japanese)伊土 直子
  • (In Japanese)下村 政嗣
Name of technology (In Japanese)生体適合性と温度応答性を併せ持つ高分子
Technology summary (In Japanese)生体適合性材料は、式(1)で表される繰り返し単位を有する高分子を含む。この高分子は生体適合性及び下限臨界共溶温度(LCST)を有する。R1は、水素原子又はメチル基であり、R2は、メチル基又はエチル基であり、mは2又は3である。数平均分子量は10,000~300,000であることが好ましい。生体適合性材料は、血液などの体液や生体組織と接して使用することができ、人工臓器用または医療用具用の材料として使用することができる。このような人工臓器用または医療用具の形態としては、人工腎臓用膜、血漿分離用膜、カテーテル類、ステント、人工肺用膜、人工血管等を例示することができる。血液などの体液や生体組織と接して使用される基材も提供される。基材は、式(1)で表される繰り返し単位を有する合成高分子を表面に有していればよく、合成高分子のみよりなる物品である必要はない。基材としては、人工臓器用膜、医療用具を挙げることができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-504205.gif
Research field
  • Organic chemical industry in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)血液などの体液や生体組織と接触して使用される生体適合性材料、および、血液などの体液や生体組織に接触時に生体成分の活性化を少なく抑える、医療用材料を提供する。再生医療のための足場材料や薬物・遺伝子デリバリー担体、各種分離剤、カテーテル、人工筋肉、マイクロマシン、温度センサー、ケミカルバイブを提供する。
組織再生用補修材、塞栓材、癒着防止材、創傷被覆材、止血材、生体組織の粘着材、コンタクトレンズ、眼内レンズ、ハイブリッド人工臓器、人工血管、人工筋肉、薬剤若しくは遺伝子デリバリー担体、吸着若しくは分離剤、カテーテル、誘電若しくは磁性材料、圧電若しくは焦電材料、分解若しくは反応性材料、及び生体機能性材料等の用途に使用できる。
Usage Use field (In Japanese)組織再生用補修材、塞栓材、癒着防止材、創傷被覆材、止血材
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)田中 賢, 伊土 直子, 下村 政嗣, . (In Japanese)生体適合性と温度応答性を併せ持つ高分子. . Jun 29, 2006
  • A61L  33/00     
  • C08F 220/28     

PAGE TOP