Top > Search Technology seeds > METHOD FOR USING PHOSPHONYL IMIDATE AS NUCLEOPHILIC AGENT

METHOD FOR USING PHOSPHONYL IMIDATE AS NUCLEOPHILIC AGENT

Seeds code S110006594
Posted date Nov 29, 2011
Researchers
  • (In Japanese)小林 修
  • (In Japanese)松原 亮介
Name of technology METHOD FOR USING PHOSPHONYL IMIDATE AS NUCLEOPHILIC AGENT
Technology summary (In Japanese)一般式(1)で表されるホスホニルイミデートを、塩基の存在下で求核反応基質化合物と反応させて求核反応生成物を製造する。式中、R1及びR4は、それぞれ独立して置換基を有してもよい炭化水素基を表し、R2及びR3は、それぞれ独立して水素原子又は置換基を有してもよい炭化水素基を表す。塩基は、アルカリ金属又はアルカリ土類金属のアルコキシド又はヘキサアルキルジシラジドが好ましい。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2009-058767.gif
Research field
  • Organic reactions in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)求核反応は有機化合物を製造する際の代表的な化学反応のひとつとして知られており、多くの産業分野で利用されてきている。そこで、塩基の使用量が少なく、かつ一般性の高い新しい求核試薬を提供する。また、新しい求核試薬を用いた求核反応による各種の有機化合物の製造方法を提供する。
反応に富んだ新規な求核試薬を提供できる。通常カルボニル化合物由来炭素求核剤は、等量以上の強塩基を用いて発生させるのが常であるが、この方法においては触媒量の塩基を使用するだけで反応を進行させることができ効率的に行うことができる。また、立体選択的であり、光学活性体を選択的に製造することができる。殺虫剤であるホスホニルイミデートの誘導体を、簡便に合成できる。新規な有用物質の探索を簡便に高収率で立体選択的に行うことができる。
Usage Use field (In Japanese)求核試薬、殺虫剤
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)小林 修, 松原 亮介, . METHOD FOR USING PHOSPHONYL IMIDATE AS NUCLEOPHILIC AGENT. P2010-209028A. Sep 24, 2010
  • C07F   9/24     
  • C07B  53/00     

PAGE TOP