Top > Quick Search > Search Technology seeds > MANUFACTURING METHOD OF SUDACHITIN AND NOBILETIN

MANUFACTURING METHOD OF SUDACHITIN AND NOBILETIN

Seeds code S110006626
Posted date Nov 29, 2011
Researchers
  • (In Japanese)河村 保彦
  • (In Japanese)津嘉山 正夫
  • (In Japanese)市川 亮一
  • (In Japanese)山本 幹二
  • (In Japanese)佐々木 貴啓
  • (In Japanese)辻 めぐみ
Name of technology MANUFACTURING METHOD OF SUDACHITIN AND NOBILETIN
Technology summary (In Japanese)二口丸底フラスコに乾燥スダチ果皮粉末10gとメタノール100mlを入れ,撹拌しながらマイクロ波(出力300W、周波数2.45GHz)を10分照射還流させた。メタノール抽出物(抽出液)を除いた後,再び同一フラスコにメタノール100mlを加え,同様にマイクロ波照射してメタノール抽出物を除いた。この操作を4~5回繰り返した後,合計400~500mlのメタノール抽出物から減圧下でメタノールを留去してスダチチンを含む残留物得た。この間の処理時間は,およそ60分であった。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2007-045931.GIF
Research field
  • Crude drugs in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)効率的にノビレチンを得るのに好適なノビレチンの前駆物質であるスダチチンの製造方法を提供する。
スダチチンの製造方法は、スダチを、マイクロ波を照射しながら水および有機溶剤のうちのいずれか一方または双方で抽出処理し、スダチチンを含有する抽出液を得るため、または、スダチを、マイクロ波を照射しながらアルコールで抽出処理し、得られる抽出液をヘキサンで抽出処理し、得られる水層をエーテルで抽出処理して、スダチチンを含有する抽出液を得るため、ノビレチンを得るのに好適なノビレチンの前駆物質であるスダチチンを効率的に得ることができる。
Usage Use field (In Japanese)抗潰瘍剤、アトピー性皮膚炎治療剤、美白化粧料、色素沈着症改善剤、消臭剤
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人徳島大学, 徳島県, . (In Japanese)河村 保彦, 津嘉山 正夫, 市川 亮一, 山本 幹二, 佐々木 貴啓, 辻 めぐみ, . MANUFACTURING METHOD OF SUDACHITIN AND NOBILETIN. P2008-208064A. Sep 11, 2008
  • C07D 311/30     
  • C09K  15/08     
  • A23L   1/30     

PAGE TOP