Top > Search Technology seeds > COORDINATION POLYMER USING PENTAERYTHRITOL DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

COORDINATION POLYMER USING PENTAERYTHRITOL DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Seeds code S110006639
Posted date Nov 30, 2011
Researchers
  • (In Japanese)山田 鉄兵
  • (In Japanese)北川 宏
  • (In Japanese)重松 明仁
Name of technology COORDINATION POLYMER USING PENTAERYTHRITOL DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Technology summary (In Japanese)ペンタエリトリトール誘導体を用いた配位高分子およびその製造方法に関する。配位高分子には、銅、銀およびカドミウムから選ばれるいずれか1つの金属元素と、化1の式(1)で表される配位子とを含み、前記配位子が前記金属元素を介して連結されている[式(1)中、Xは、水素原子、ハロゲン原子およびアルキル基から選ばれるいずれか1つを示す。]。また、配位高分子を製造するための本発明の方法は、銅、銀およびカドミウムから選ばれるいずれか1つの金属元素と、式(1)で表される化合物とを、液体中で反応させる工程を含む。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2009-055166.GIF
Research field
  • Complexes of 9 and 10 groups
Seeds that can be deployed (In Japanese)触媒作用や特異的な吸蔵特性を発現するためには、金属イオンとゲスト分子との相互作用が重要な役割を果たすが、配位高分子とゲスト分子との相互作用は、配位子とゲスト分子との相互作用に限られ、金属イオンとゲスト分子との相互作用は報告されていない。従って、産業的な利用が可能な新規な配位高分子を提供することを目的とする。
配位高分子とその製造方法に利用できる。この配位高分子は、様々な分野に利用でき、たとえば、燃料電池の電極触媒などの触媒に利用できる。また、この配位高分子は、気体分子(水分子を含む)を吸着する分子吸着剤としても利用できる。また、ゲスト分子の吸着による色変化を利用して、ゲスト分子を検知するセンサーとして用いることもできる。また、本配位高分子は、プロトン伝導膜として用いることができる。また、相対湿度変化に伴うプロトン伝導度変化を利用して、配位高分子を湿度センサーに用いることもできる。
Usage Use field (In Japanese)燃料電池の電極触媒、分子吸着剤、分子検知センサー、プロトン伝導膜や湿度センサー
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)山田 鉄兵, 北川 宏, 重松 明仁, . COORDINATION POLYMER USING PENTAERYTHRITOL DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME. P2009-242386A. Oct 22, 2009
  • C08G  79/00     
  • C07D 213/65     
  • C07D 213/68     

PAGE TOP