Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)骨髄指向性薬物送達物質およびその用途

(In Japanese)骨髄指向性薬物送達物質およびその用途

Seeds code S110006650
Posted date Nov 30, 2011
Researchers
  • (In Japanese)宗 慶太郎
  • (In Japanese)武岡 真司
  • (In Japanese)土田 英俊
  • (In Japanese)ゴインズ、ベス・エー
  • (In Japanese)フィリップス、ウィリアム・ティー
Name of technology (In Japanese)骨髄指向性薬物送達物質およびその用途
Technology summary (In Japanese)表面上にアニオン性基を含む少なくとも1つの微粒子を含む骨髄指向性の薬物送達物質である。微粒子は、約0.01nm~5μmの直径を有する。この物質は、骨、軟骨、骨髄および関節の疾患の予防、治療または診断に使用できる。表面上にアニオン性基を含む少なくとも1つの微粒子を含む骨髄指向性の薬物送達物質に向けられている。
Research field
  • Interactions of drugs
Seeds that can be deployed (In Japanese)高い特異性をもって、治療剤を骨に指向させる能力を有する新規な薬物送達物質を提供する。これの剤は、また、骨における治療剤の蓄積をもたらす能力を有する。
この送達物質は、骨、骨髄、軟骨または関節などの疾患の予防、診断または治療において適用される。先天性骨系統疾患・奇形症候群の治療剤あるいは診断剤として用いることができる。薬物耐性遺伝子を骨髄に輸送し、抗がん剤を使用する治療のための補助療法において骨髄を保護することが可能である。
Usage Use field (In Japanese)骨疾患診断薬、骨疾患治療薬、骨疾患予防薬
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人早稲田大学, ボード・オブ・リージェンツ, ジ・ユニバーシティー・オブ・テキサス・システム, . (In Japanese)宗 慶太郎, 武岡 真司, 土田 英俊, ゴインズ、ベス・エー, フィリップス、ウィリアム・ティー, . (In Japanese)骨髄指向性薬物送達物質およびその用途. P2008-542360A. Nov 27, 2008
  • A61K  47/12     
  • A61K  47/16     
  • A61K  47/34     
  • A61K   9/127    
  • A61K  51/00     
  • A61P  19/02     
  • A61P  19/08     
  • A61P  35/00     

PAGE TOP