Top > Quick Search > Search Technology seeds > LIGHT EMISSION DEVICE HAVING HIGH INFRARED RAY RADIATING FUNCTION

LIGHT EMISSION DEVICE HAVING HIGH INFRARED RAY RADIATING FUNCTION

Seeds code S110006812
Posted date Dec 6, 2011
Researchers
  • (In Japanese)春川 順市
  • (In Japanese)清水 俊彦
  • (In Japanese)横山 英明
  • (In Japanese)上本 進
  • (In Japanese)甲斐 光男
  • (In Japanese)中島 真司
  • (In Japanese)水内 陽造
Name of technology LIGHT EMISSION DEVICE HAVING HIGH INFRARED RAY RADIATING FUNCTION
Technology summary (In Japanese)2次燃焼効果を高めるために、排気装置1内において50°以上の開口角を有する排気口2の後部に空気取り入れ孔3と、燃焼ガスに空気を混合する部材6を設ける。航空機のプルームに近似できるように、プルームの形状を制御する整流器を排気口の後部に設ける。高赤外線放射機能を有する発光装置は、点火装置と発光剤と発光剤を燃焼させるためのケースと、燃焼によって生じた赤外線放射生成物を放出する排気装置と飛しょう安定翼から構成されており、排気口2と空気取り入れ孔3を有した部材6とプルーム形状制御用の整流器を備えている。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2002-212182.gif
Research field
  • Flying object design and structure
  • Various explosives and propellants
Seeds that can be deployed (In Japanese)2次燃焼効果を高めて、効率的に高赤外線を放射することができ、欺瞞効果を高めた発光装置を提供する。
排気装置から放出される赤外線放射生成物の2次燃焼効果を高め、放出された赤外線放射生成物のプルーム温度を高くすることができるので、放射される赤外線の量を増大させることができる。赤外線放射生成物が放出された時に形成するプルームの径が大きくなり、高赤外線を放射することができ、航空機のプルームに近似した形状とすることができるので、航空機赤外線誘導体への欺瞞効果が高まる。
Usage Use field (In Japanese)航空機、赤外線誘導飛しょう体、赤外線発光装置、発光剤、推進ノズル
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)防衛装備庁長官, 旭化成株式会社, . (In Japanese)春川 順市, 清水 俊彦, 横山 英明, 上本 進, 甲斐 光男, 中島 真司, 水内 陽造, . LIGHT EMISSION DEVICE HAVING HIGH INFRARED RAY RADIATING FUNCTION. P2004-053155A. Feb 19, 2004
  • F42B   5/15     
  • F42B  12/70     

PAGE TOP