Top > Search Technology seeds > PARVIFLORENE H AND PARVIFLORENE I

PARVIFLORENE H AND PARVIFLORENE I

Seeds code S110006899
Posted date Dec 8, 2011
Researchers
  • (In Japanese)石橋 正己
  • (In Japanese)當銘 一文
  • (In Japanese)小谷野 喬
Name of technology PARVIFLORENE H AND PARVIFLORENE I
Technology summary (In Japanese)野外採取したショウガ科植物からメタノール及びアセトンを溶媒として成分を抽出し、分画することにより得ることがでる。合成してもよい。ショウガ科植物の地下部(計280g)をメタノール800mLで2回、アセトン500mLで1回抽出し、抽出物をあわせて溶媒留去し、抽出物12.6gを得た。この抽出物を水と酢酸エチル用いて溶媒分画を行い、酢酸エチル可溶画分8.1gを得た。この酢酸エチル可溶画分に相当するフラクション(2.8g)を別途採取した同植物全草(170g)からも同様の操作によって得た。これらのフラクションをあわせてシリカゲルカラムクロマトグラフィーを行い、ヘキサンおよび酢酸エチルの混合溶媒で溶出した。ヘキサン:酢酸エチル(9:1)の溶媒で溶出したフラクション(2.57g)について、2回目のシリカゲルカラムクロマトグラフィーを行い、ヘキサンおよび酢酸エチルの混合溶媒で溶出した。本カラムのヘキサン:酢酸エチル(100:1)の溶媒で溶出したフラクション(1.68g)についてセファデックスLH20によって精製した。その結果105mlから120mlのフラクションにパルビフロレンH(5.0mg)を得た。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-073923_1.GIF thum_2005-073923_2.GIF thum_2005-073923_3.GIF
Research field
  • Clinical application of other drugs acting on central nervous system
Seeds that can be deployed (In Japanese)天然の動植物、微生物などに含まれる新規の化学成分を提供する。
ショウガ科植物Curcuma parviflora由来の新規化合物であるパルビフロレンHおよびパルビフロレンIはヒト子宮頸がんHeLa細胞に対する細胞毒性を有しており、しかも従来前例のない新規化学構造を有するため、新規細胞毒性物質(治療薬)としての有用性が期待される。
Usage Use field (In Japanese)医薬品
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 千葉大学, . (In Japanese)石橋 正己, 當銘 一文, 小谷野 喬, . PARVIFLORENE H AND PARVIFLORENE I. P2006-256983A. Sep 28, 2006
  • C07C  39/14     
  • C07C  50/36     
  • A61K  31/05     
  • A61K  31/122    
  • A61P  35/00     

PAGE TOP