Top > Search Technology seeds > METHOD FOR EXAMINING RHEUMATOID ARTHRITIS, DIAGNOSTIC FOR RHEUMATOID ARTHRITIS AND PRIMER USED THEREFOR

METHOD FOR EXAMINING RHEUMATOID ARTHRITIS, DIAGNOSTIC FOR RHEUMATOID ARTHRITIS AND PRIMER USED THEREFOR

Seeds code S110006905
Posted date Dec 8, 2011
Researchers
  • (In Japanese)渡辺 紀彦
  • (In Japanese)大木 美衣
Name of technology METHOD FOR EXAMINING RHEUMATOID ARTHRITIS, DIAGNOSTIC FOR RHEUMATOID ARTHRITIS AND PRIMER USED THEREFOR
Technology summary (In Japanese)ヒトB and T Lymphocyte Attenuator(以下「BTLA」という)遺伝子の590番塩基の一塩基多型を同定することを特徴とする関節リウマチの検査方法であって、検体として遺伝子含有体液又は組織由来の遺伝子を用いるの関節リウマチを検査できる。ヒトBTLA遺伝子の590番塩基の一塩基多型が、A/A、A/C又はC/Cのいずれかであることを同定することにより関節リウマチを検査することができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-133234.gif
Research field
  • Pathological tests
Seeds that can be deployed (In Japanese)ヒト検体中の一塩基多型を同定することにより関節リウマチを検査する方法を提供する。
日本人に多い関節リウマチ及びその発症リスクを的確に検査することができる。また、若年重症型関節リウマチの発症リスクも的確に診断できることから、その治療手段の選択も容易となる。
Usage Use field (In Japanese)関節リウマチ検査技術、関節リウマチ診断薬、間接リウマチ診断用プライマー
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 千葉大学, . (In Japanese)渡辺 紀彦, 大木 美衣, . METHOD FOR EXAMINING RHEUMATOID ARTHRITIS, DIAGNOSTIC FOR RHEUMATOID ARTHRITIS AND PRIMER USED THEREFOR. P2006-304721A. Nov 9, 2006
  • C12Q   1/68     
  • C12N  15/09     

PAGE TOP