Top > Search Technology seeds > BISIMIDAZOLINE LIGAND AND CATALYST BY USING THE SAME

BISIMIDAZOLINE LIGAND AND CATALYST BY USING THE SAME

Seeds code S110006915
Posted date Dec 8, 2011
Researchers
  • (In Japanese)荒井 孝義
  • (In Japanese)柳澤 章
  • (In Japanese)水上 友絵
  • (In Japanese)横山 直太
Name of technology BISIMIDAZOLINE LIGAND AND CATALYST BY USING THE SAME
Technology summary (In Japanese)[(4R,5R)-2-(chloromethyl)-4,5-dihydro-4,5-diphenyl-1H-imidazole](1)の合成:(1R,2R)-1,2-diphenylethane-1,2-diamine(1g,4.71mmol)を酢酸(23.5ml)に溶解し,これに2-Chloromethyl-1,1,1-triethoxyethane(1.17ml,6.12mmol)を加えた。室温にて15時間攪拌後,減圧下濃縮し,クロロホルムで希釈後,2N水酸化ナトリウム水溶液を用いて中和した。クロロホルムを用いて抽出した有機層を無水硫酸マグネシウムにより乾燥し,減圧濃縮。得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(展開溶媒1:1酢酸エチル/n-ヘキサン)により精製することで1.01g(80%)の目的化合物1を白色粘性物質として得た。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-294597.GIF
Research field
  • Catalytic reactions (homogeneous system)
  • Complexes of 9 and 10 groups
Seeds that can be deployed (In Japanese)配位子としての多様性を指向し、汎用性あるビスイミダゾリン配位子の設計と合成を目標とし、特にその分子設計においては、自由度の高い配位子設計に重点を置き、有用な触媒的不斉反応用触媒を提供する。
多様性を指向し、汎用性あるビスイミダゾリン配位子の設計と合成であるため、自由度の高い配位子及びこれを用いた触媒を提供することができ、また、オキサゾリン環を主軸とする従前の窒素系配位子の問題点を克服し、配位能力や酸化還元電位などを変化させるイミダゾリン配位子を開発することにより、その触媒活性を自在に制御できる。
Usage Use field (In Japanese)不斉反応用触媒
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 千葉大学, . (In Japanese)荒井 孝義, 柳澤 章, 水上 友絵, 横山 直太, . BISIMIDAZOLINE LIGAND AND CATALYST BY USING THE SAME. P2007-099730A. Apr 19, 2007
  • C07D 233/24     
  • B01J  31/22     
  • C07C  67/347    
  • C07C  69/753    
  • C07B  53/00     
  • C07B  61/00     
  • C07F   1/08     

PAGE TOP