Top > Search Technology seeds > METHOD FOR MANUFACTURING OPTICAL ELEMENT WITH BACK-SWITCH PHENOMENON SUPPRESSED, AND WAVELENGTH CONVERSION ELEMENT OBTAINED BY USING THE METHOD

METHOD FOR MANUFACTURING OPTICAL ELEMENT WITH BACK-SWITCH PHENOMENON SUPPRESSED, AND WAVELENGTH CONVERSION ELEMENT OBTAINED BY USING THE METHOD

Seeds code S110006956
Posted date Dec 12, 2011
Researchers
  • (In Japanese)劉 曉燕
  • (In Japanese)竹川 俊二
  • (In Japanese)寺部 一弥
  • (In Japanese)北村 健二
Name of technology METHOD FOR MANUFACTURING OPTICAL ELEMENT WITH BACK-SWITCH PHENOMENON SUPPRESSED, AND WAVELENGTH CONVERSION ELEMENT OBTAINED BY USING THE METHOD
Technology summary (In Japanese)タンタル酸リチウム単結晶(SLT単結晶)200の長手方向(矢印A方向)に分極反転領域210と非分極反転領域220とが繰り返される。分極反転領域210は、前記長手方向に沿った両端部に先細りの分極反転部分230を有する。先細りの分極反転部分230の先細りの角度αは、分極反転周期に依存する。この先細りの分極反転部分230を有するSLT単結晶200に対して、光学素子等を製造する加工プロセスを行うと、分極反転部分230がエネルギー的に安定になるようにバックスイッチ現象を生じる。これは、分極反転部分230の先細り部分が、他に比べてエネルギーが高い状態にあり、不安定なためである。先細りの分極反転部分230を切断する(図2の部分240)ことによって、加工プロセスに伴う分極反転領域のバックスイッチ現象が抑制され得る。角度αの小さい先細りの分極反転部分の方がバックスイッチ現象を生じやすいので、より狭い周期に対して効果的である。切断後のSLT単結晶250に示されるように、切断後の分極反転領域260は、エネルギー的に不安定になる部分を有しないので、加工プロセスによってバックスイッチ現象は起こらない。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-361271.GIF
Research field
  • Optical modulators
  • Oxide thin films
Seeds that can be deployed (In Japanese)バックスイッチ現象を抑制した光学素子を製造する方法を提供する。
両端部に位置する複数の分極反転領域のそれぞれは、長手方向に垂直な方向に先細りの分極反転部分を含んでいる。この先細りの分極反転部分は、他の分極反転領域に比べてエネルギーが高く、不安定であるため、先細りの分極反転部分からバックスイッチ現象を生じ、エネルギーを低下させる傾向にある。この先細りの分極反転部分が切断され、切り落とされるので、形成された分極反転領域全体のエネルギーが均一となり、バックスイッチ現象の発生が低減され得るか、または、発生が抑制され得る。この結果、光学素子の信頼性および歩留まりが向上し得る。
Usage Use field (In Japanese)光学素子、波長変換素子、タンタル酸リチウム単結晶、変調器
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人物質・材料研究機構, . (In Japanese)劉 曉燕, 竹川 俊二, 寺部 一弥, 北村 健二, . METHOD FOR MANUFACTURING OPTICAL ELEMENT WITH BACK-SWITCH PHENOMENON SUPPRESSED, AND WAVELENGTH CONVERSION ELEMENT OBTAINED BY USING THE METHOD. P2007-163908A. Jun 28, 2007
  • G02F   1/37     

PAGE TOP