Top > Search Technology seeds > METHOD FOR INDUCING MUTATION IN MICROORGANISM

METHOD FOR INDUCING MUTATION IN MICROORGANISM

Seeds code S110007017
Posted date Dec 14, 2011
Researchers
  • (In Japanese)阿部 知子
  • (In Japanese)市田 裕之
  • (In Japanese)福西 暢尚
  • (In Japanese)龍頭 啓充
Name of technology METHOD FOR INDUCING MUTATION IN MICROORGANISM
Technology summary (In Japanese)微生物菌体に、500~1200keV/μmの線エネルギー付与(LET)を有する重イオンビーム(鉄イオンビーム、キセノンイオンビーム、またはクリプトンイオンビームなど)を照射し、微生物の遺伝子に、挿入変異、欠失変異、点変異などの変異を導入することを特徴とする、微生物に対する突然変異誘発方法である。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2007-158580.gif
Research field
  • Genetic variation
Seeds that can be deployed (In Japanese)微生物に対し、突然変異率が高く、かつ幅広い突然変異を効率的に誘発できる手段を提供する。
微生物の遺伝子に多様な変異(挿入変異、欠失変異、及び/又は点変異)を広範囲にかつランダムに、また高頻度で導入することができる。特に、従来法では実現が困難であった200bp以上にわたる大規模な欠失変異を微生物の遺伝子に導入することができる。
Usage Use field (In Japanese)微生物突然変異誘発技術
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人理化学研究所, . (In Japanese)阿部 知子, 市田 裕之, 福西 暢尚, 龍頭 啓充, . METHOD FOR INDUCING MUTATION IN MICROORGANISM. P2008-306991A. Dec 25, 2008
  • C12N  15/01     

PAGE TOP