Top > Search Technology seeds > NEW METHOD FOR PRODUCING POLYSACCHARIDES

NEW METHOD FOR PRODUCING POLYSACCHARIDES

Seeds code S110007117
Posted date Dec 20, 2011
Researchers
  • (In Japanese)山崎 栄次
  • (In Japanese)栗田 修
  • (In Japanese)中林 徹
  • (In Japanese)苔庵 泰志
Name of technology NEW METHOD FOR PRODUCING POLYSACCHARIDES
Technology summary (In Japanese)モロヘイヤ、ツルムラサキ、オクラ、伊勢いもなどの多糖類を含む原料を硫安水溶液で処理することにより、多糖類による水溶液粘度の上昇が抑制されると同時に、各種多糖類が不溶化し、他の成分との分離を容易に行うことに成功した。原料から多糖類を抽出するに際して、40%W/V~80%W/Vの硫安水溶液を用いる。これにより抽出された多糖類を水に分散・溶解させ、再度沈殿させた後に水に分散・溶解させ、その上清の脱塩処理をゲル濾過、限外濾過、透析などの方法で行うことにより適当な多糖類を分画することができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2007-023905.gif
Research field
  • Polysaccharides
Seeds that can be deployed (In Japanese)多糖類が組織全体に分布しているモロヘイヤやツルムラサキなどを原料とする場合、目的の多糖類を得るために他の成分と分離することが必要である。そこで、多糖類の抽出をできるだけ簡単に、かつ少ない工程で達成すること、加えて粘度を下げることにより作業性を向上させられる方法等を提供する。
増粘多糖類を豊富に含む原料から簡単に増粘多糖類を分画することができる。これまで、抽出が難しかった原料からの増粘多糖類の製造が可能となり、増粘多糖類を原料とした新しい増粘剤を提供することができ、食品、化粧品、医薬品に用いることができる。さらに、本モロヘイヤ増粘剤はカラギーナンのゲル強度やキサンタンガムの粘度を改善することができる。
Usage Use field (In Japanese)モロヘイヤ、ツルムラサキ、オクラ、伊勢いもから抽出された増粘多糖類
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)三重県, . (In Japanese)山崎 栄次, 栗田 修, 中林 徹, 苔庵 泰志, . NEW METHOD FOR PRODUCING POLYSACCHARIDES. P2007-231266A. Sep 13, 2007
  • C08B  37/00     
  • A23L   1/05     
  • A23L   1/03     

PAGE TOP