Top > Search Technology seeds > DIFFERENTIATING AND INDUCING METHOD OF SKELETAL MUSCLE CELL

DIFFERENTIATING AND INDUCING METHOD OF SKELETAL MUSCLE CELL

Seeds code S110007328
Posted date Dec 22, 2011
Researchers
  • (In Japanese)出澤 真理
  • (In Japanese)鍋島 陽一
  • (In Japanese)星野 幹雄
Name of technology DIFFERENTIATING AND INDUCING METHOD OF SKELETAL MUSCLE CELL
Technology summary (In Japanese)骨髄間質細胞から骨格筋細胞を分化誘導する方法であって、以下の工程:(a)骨髄間質細胞(ただし、該骨髄間質細胞は脱メチル化剤で処理されていない細胞である)の培養物に、フォルスコリン、並びに細胞分化生存作用性因子である塩基性線維芽細胞成長因子、血小板由来成長因子、及びニューレグリンを添加して培養する工程;(b)上記工程(a)で得られた細胞にNotch細胞内ドメインの遺伝子を導入して培養し筋芽細胞培養物を得る工程(ただし、上記培養は、遺伝子導入された細胞と未導入細胞との共培養を含まない培養である);及び、(c)上記工程(b)で得られた筋芽細胞培養物にJagged1蛋白を添加して培養する工程 を含む方法である。さらに工程(c)を無血清培地で行なう。
Research field
  • Cell and tissue culture methods
Seeds that can be deployed (In Japanese)骨髄間質細胞から骨格筋細胞を分化誘導する方法を提供する。
実質的に純粋な骨格筋細胞集団を効率的に調製できるので、得られた骨格筋細胞は筋疾患の治療に際して安全な医薬として使用できる。
Usage Use field (In Japanese)骨格筋細胞、骨髄間質細胞から骨格筋細胞を分化誘導技術、
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人京都大学, . (In Japanese)出澤 真理, 鍋島 陽一, 星野 幹雄, . DIFFERENTIATING AND INDUCING METHOD OF SKELETAL MUSCLE CELL. P2006-174784A. Jul 6, 2006
  • C12N   5/10     
  • C12N  15/09     
  • A61K  35/28     
  • A61K  35/34     
  • A61P  21/00     
  • A61P  21/04     
  • A61P  41/00     
  • A61P  43/00     

PAGE TOP