Top > Search Technology seeds > (In Japanese)軟骨組織再生治療用骨充填剤

(In Japanese)軟骨組織再生治療用骨充填剤

Seeds code S120007719
Posted date Jan 5, 2012
Researchers
  • (In Japanese)安田 和則
  • (In Japanese)長田 義仁
  • (In Japanese)グン チェンピン
  • (In Japanese)北村 信人
Name of technology (In Japanese)軟骨組織再生治療用骨充填剤
Technology summary (In Japanese)好適な骨充填剤は、2-アクリルアミド-2-メチルプロパンスルホン酸(AMPS)を原料モノマーとする架橋網目ポリマー(PAMPS)と、N,N-ジメチル-アクリルアミド(DMAA)を原料モノマーとする架橋網目ポリマー(PDMAAm)とから構成される、相互侵入網目構造を持つハイドロゲル(以下、PAMPS/PDMAAmゲルとする)である。AMPSを原料モノマーとするPAMPSとアクリルアミドを原料モノマーからなる架橋網目ポリマー(PAAm)から構成される、相互侵入網目構造を有するハイドロゲル(PAMPS/PAAmゲル)、また2-アクリルアミド-2ーメチルプロパン硫酸ナトリウム(NaAMPS)を原料モノマーとする架橋網目ポリマー(PNaAMPS)とN,N-ジメチル-アクリルアミド(DMAA)を原料モノマーとする架橋網目ポリマー(PDMAAm)とから構成される、相互侵入網目構造を有するハイドロゲル(PNaAMPS/PDMAAmゲル)も、PAMPS/PDMAAmゲルと同様の軟骨組織の再生を促す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2008-546879.GIF
Research field
  • Medical materials
  • Basic medicine on musculoskeletal system
Seeds that can be deployed (In Japanese)自家軟骨組織、軟骨代替物あるいは未分化細胞の移植による治療法とは異なる、新規な概念に基づく、新たな軟骨組織の生体内自然再生治療法を可能にする医療材料を提供する。
本骨充填剤は、骨欠損部に埋め込むことで軟骨下骨組織や軟骨組織の再生を誘導できることから、ハイドロゲルを軟骨及び/又は軟骨組織再生誘導剤、あるいは軟骨及び/又は軟骨組織再生促進剤として利用できる。これまでの自家移植法や培養自家軟骨移植法について指摘されてきた諸問題を全く伴わない、極めて有効な治療法となり得る。
Usage Use field (In Japanese)軟骨及び/又は軟骨組織再生誘導剤、軟骨及び/又は軟骨組織再生促進剤
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) Hokkaido University, . (In Japanese)安田 和則, 長田 義仁, グン チェンピン, 北村 信人, . (In Japanese)軟骨組織再生治療用骨充填剤. . Mar 4, 2010
  • A61L  27/00     

PAGE TOP