Top > Quick Search > Search Technology seeds > METHOD FOR SEPARATING/DETECTING PROTEIN OR THE LIKE

METHOD FOR SEPARATING/DETECTING PROTEIN OR THE LIKE

Seeds code S120007743
Posted date Jan 5, 2012
Researchers
  • (In Japanese)末田 慎二
  • (In Japanese)田中 一史
  • (In Japanese)近藤 寛樹
Name of technology METHOD FOR SEPARATING/DETECTING PROTEIN OR THE LIKE
Technology summary (In Japanese)古細菌スルホロバス・トウコウダイ(Sulfolobus tokodaii)由来のビオチン固定化酵素(A)と、ビオチン固定化酵素の触媒作用によってビオチン化された、同古細菌由来のビオチン担持タンパクと目的タンパク質との融合タンパク(B)とから複合体を形成させ、又は、ビオチン固定化酵素(A)と、融合タンパク(B)と、目的タンパクと結合親和性を有する物質(C)とから複合体を形成させ、複合体として、目的タンパク、又は、目的タンパクと目的タンパクと結合親和性を有する物質(C)を分離・検出することを特徴とするタンパク等の分離・検出方法である。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2007-085384.gif
Research field
  • Proteins and peptides in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)特異性の高い結合を有するプロティンタグシステムを利用した、タンパク等の分離・検出方法を提供する。
古細菌スルホロバス・トウコウダイの特異なビオチン化反応系をプロティンタグシステムとして活用し、新規なタンパク等の分離・検出、更には精製系が構築できた。
Usage Use field (In Japanese)プロティンタグシステムによるタンパク等の分離・検出技術
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人九州工業大学, . (In Japanese)末田 慎二, 田中 一史, 近藤 寛樹, . METHOD FOR SEPARATING/DETECTING PROTEIN OR THE LIKE. P2008-237163A. Oct 9, 2008
  • C12N  15/09     
  • C12P  21/02     
  • C07K   1/22     

PAGE TOP