Top > Search Technology seeds > METHOD FOR RECOVERING OXOANION OF MOLYBDENUM, TUNGSTEN AND VANADIUM BY CROSSLINKING CHITOSAN MAKING CHITIN AS STARTING SOURCE

METHOD FOR RECOVERING OXOANION OF MOLYBDENUM, TUNGSTEN AND VANADIUM BY CROSSLINKING CHITOSAN MAKING CHITIN AS STARTING SOURCE

Seeds code S120007980
Posted date Jan 17, 2012
Researchers
  • (In Japanese)馬場 由成
Name of technology METHOD FOR RECOVERING OXOANION OF MOLYBDENUM, TUNGSTEN AND VANADIUM BY CROSSLINKING CHITOSAN MAKING CHITIN AS STARTING SOURCE
Technology summary (In Japanese)架橋キトサンの合成スキームを図に示す。キチンを、エピクロロヒドリンおよびジメチルスルホキシド混合溶液と混合し、混合溶液に、水酸化ナトリウム水溶液を加えてさらに混合する。反応によって生じた架橋キチンを脱アセチル化するために、反応溶液を水酸化ナトリウムと混合する。得られた反応溶液を、濾液のpHが中性になるまで、濾過残渣を蒸留水で繰り返し洗浄し、濾過残渣を乾燥させて、架橋キトサンを得る。架橋キトサンによる硝酸アンモニウム水溶液に含まれる各種金属の吸着実験を行い、Mo(VI)はpH3付近、W(VI)は低pH領域、V(V)は高pH領域でそれぞれ100%近い吸着率が示される。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2009-114732.GIF
Research field
  • Adsorbents
  • Adsorption, ion exchange
Seeds that can be deployed (In Japanese)バイオマス廃棄物から得られる架橋キトサンを利用して、モリブデン、タングステンおよびバナジウムなどのレアメタルを選択的かつ低コストで回収することができる手段を提供する。
本発明の金属イオンの架橋キトサン吸着剤は、モリブデン、タングステンおよびバナジウムを高い吸着率で吸着できる。それ故、吸着剤を用いる金属イオンの吸着方法および回収方法は、モリブデン、タングステンおよびバナジウムの分離回収に利用することができる。金属イオンの吸着剤は、化学的に非常に安定であることに加えて、吸着された金属イオンを酸性溶液または塩基性溶液で容易に脱離させることが可能であることから、工業的な規模で長期にわたって使用することができる。
Usage Use field (In Japanese)架橋キトサン吸着剤、オキソアニオン回収技術
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 宮崎大学, . (In Japanese)馬場 由成, . METHOD FOR RECOVERING OXOANION OF MOLYBDENUM, TUNGSTEN AND VANADIUM BY CROSSLINKING CHITOSAN MAKING CHITIN AS STARTING SOURCE. P2010-260028A. Nov 18, 2010
  • B01D  15/00     
  • B01J  20/24     
  • B01J  20/34     
  • C08B  37/08     

PAGE TOP