Top > Search Technology seeds > METHOD OF PRODUCING MgIn2O4, AND MgIn2O4 MATERIAL

METHOD OF PRODUCING MgIn2O4, AND MgIn2O4 MATERIAL

Seeds code S120008024
Posted date Jan 18, 2012
Researchers
  • (In Japanese)田中 勝己
  • (In Japanese)チュウ チャオキョン
  • (In Japanese)小林 理恵
Name of technology METHOD OF PRODUCING MgIn2O4, AND MgIn2O4 MATERIAL
Technology summary (In Japanese)3つのステップから成るMgIn2O4の製造方法である。すなわち、1)MgCO3およびIn2CO3を、モル比が1.05:1.0~1.2:1.0の間の範囲になるよう混合し、混合体を得る。2)その混合物を800℃~1000℃の温度範囲で、6時間以上焼成して、第1の焼成体を得る。3)この第1の焼成体を、1300℃~1450℃の温度範囲で、12時間~24時間焼成して、MgIn2O4を得るステップである。この方法により製造されたMgIn2O4は、可視光領域の光を使用した、有機物の分解用の光触媒として使用することができる。図には本技術によるMgIn2O4の製造方法のフローの一例を示した。また、示された具体例によると、得られたMgIn2O4を光触媒として使ったメチレンブルーの光分解反応では、その量子収率F(%)は、波長405nmの光照射の場合、0.0452%であり、波長488nmの光照射の場合、0.0219%であった。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2009-143576.GIF
Research field
  • Manufacturing of ceramics and ceramic whiteware
  • Photochemistry in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)より簡便な方法で、波長が400nm以上の可視光領域において、有機物の分解を行うことができるMgIn2O4材料を製造する方法を提供する。
波長が400nm以上の可視光領域で有機物を分解可能なMgIn2O4の製造方法およびその材料を提供することができる。
Usage Use field (In Japanese)光触媒、MgIn2O4
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人電気通信大学, . (In Japanese)田中 勝己, チュウ チャオキョン, 小林 理恵, . METHOD OF PRODUCING MgIn2O4, AND MgIn2O4 MATERIAL. P2011-001208A. Jan 6, 2011
  • C01G  15/00     
  • B01J  35/02     
  • B01J  23/08     
  • B01J  37/04     
  • B01J  37/08     

PAGE TOP