Top > Quick Search > Search Technology seeds > BIOTISSUE STICKING DEVICE

BIOTISSUE STICKING DEVICE

Seeds code S120008185
Posted date Jan 20, 2012
Researchers
  • (In Japanese)岸田 晶夫
  • (In Japanese)増澤 徹
  • (In Japanese)樋上 哲哉
Name of technology BIOTISSUE STICKING DEVICE
Technology summary (In Japanese)装置1aは、被着体T1及びT2を接着させるための装置であって、部材21a及び22aの間に被着体T1及びT2を挟持する挟持部2aと、部材22aを部材21aの方向へ加圧する加圧部3aと、加圧部3aによる加圧を制御する加圧制御部4aと、部材21aに内蔵された発熱体5aと、発熱体5aによる発熱を制御する発熱制御部6aと、微小振動を発生させる振動発生部7aと、振動発生部7aが発生する微小振動を制御する振動制御部8aとを備える。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-055619.GIF
Research field
  • Medical instruments and apparatuses
Seeds that can be deployed (In Japanese)生体組織と生体組織又は生体組織接着性材料とを接着させる装置を提供する。
生体組織と生体組織又は生体組織接着性材料とを接着させる装置が提供される。この装置は、例えば、手術用ピンセット、内視鏡先端部のクリップ、血管カテーテル等に組み込み、内視鏡手術、血管内治療等で利用できる。
Usage Use field (In Japanese)生体組織と生体組織又は生体組織接着性材料とを接着させる装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 東京医科歯科大学, 国立大学法人茨城大学, 国立大学法人島根大学, . (In Japanese)岸田 晶夫, 増澤 徹, 樋上 哲哉, . BIOTISSUE STICKING DEVICE. P2007-229270A. Sep 13, 2007
  • A61B  17/00     
  • A61B  17/11     
  • A61B  18/00     

PAGE TOP