Top > Search Technology seeds > (In Japanese)サブフタロシアニン誘導体及びその製造方法

(In Japanese)サブフタロシアニン誘導体及びその製造方法

Seeds code S120008246
Posted date Jan 24, 2012
Researchers
  • (In Japanese)柴田 哲男
  • (In Japanese)山本剛嗣
Name of technology (In Japanese)サブフタロシアニン誘導体及びその製造方法
Technology summary (In Japanese)3,4,5,6-テトラキス(2,2,2-トリフルオロエトキシ)フタロニトリル500mgを20mLナスフラスコに取り,真空ポンプで減圧し,30分間乾燥する。アルゴン置換した後に,三塩化ホウ素のp-キシレン溶液3.46mLをくわえ,還流する。3時間後,室温まで放冷し,アルゴンで系内を置換し,気化した三塩化ホウ素を除く。溶媒を留去し,シリカゲルクロマトグラフィーにて精製し,図に示す目的物であるボロン1,2,3,4,8,9,10,11,15,16,17,18-ドデカキス(2,2,2-トリフルオロエトキシ)サブフタロシアニンクロリドを収量163mg,収率32%で得る。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2009-183022.GIF
Research field
  • Eight or more‐membered heterocyclic compounds
Seeds that can be deployed (In Japanese)フタロニトリル誘導体とホウ素化合物を反応させて製造されるフタロニトリル誘導体とホウ素化合物を反応させて製造されるサブフタロシアニン誘導体とその製造技術を提供する。
溶解性が高く,凝集作用を抑えたサブフタロシアニン誘導体を製造することができる。
Usage Use field (In Japanese)サブフタロシアニン誘導体、サブフタロシアニン誘導体製造技術
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学, . (In Japanese)柴田 哲男, 山本剛嗣, . SUBPHTHALOCYANINE DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME. P2011-032443A. Feb 17, 2011
  • C09B  47/00     
  • A61K  31/407    

PAGE TOP