Top > Search Technology seeds > JUDGING METHOD OF ALLERGIC DISEASE AND JUDGING KIT OF ALLERGIC DISEASE

JUDGING METHOD OF ALLERGIC DISEASE AND JUDGING KIT OF ALLERGIC DISEASE

Seeds code S120008551
Posted date Feb 2, 2012
Researchers
  • (In Japanese)木戸 博
  • (In Japanese)多田 仁美
  • (In Japanese)澤淵 貴子
Name of technology JUDGING METHOD OF ALLERGIC DISEASE AND JUDGING KIT OF ALLERGIC DISEASE
Technology summary (In Japanese)化学修飾したダイヤモンド/DLC(Diamond-like Carbon)チップを活性化試薬により活性化した後、25種類以上のアレルゲンのアレルゲンエピトープ又はアレルゲンエピトープを含むペプチドのカップリング反応を行い、次いで未反応活性基のブロッキング操作を行ったアレルゲンエピトープ判定チップに、検体を接触させ、アレルゲンエピトープ判定チップに捕捉された検体中のアレルゲン認識抗体をイムノアッセイにより検出し、同一条件下、25種類以上のアレルゲンを一度に定量的に測定し、アレルゲンの拡大/縮小パターン及び/又はアレルゲンエピトープの拡大/縮小パターンを判定する。また、アレルゲンエピトープ又はアレルゲンエピトープを含むペプチドとして、化学修飾されたペプチドを用いる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-089660.GIF
Research field
  • Animal physiology in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)基板上にダイヤモンドやダイヤモンドライクカーボン(DLC)をコーティングしたチップに食物アレルゲン等やアレルゲンエピトープが結合したアレルゲンエピトープ判定チップを用いたアレルギー疾患の判定方法やアレルギー疾患の判定キットを提供する。
牛乳と卵を構成する成分の約80%以上を占める成分を搭載したアレルゲンチップとそのエピトープ診断チップを実現したもので、アレルゲンを科学的に診断できるチップを用いて、食物アレルゲンの拡大/縮小を診断することが可能となる。患者によっては卵アレルギーから牛乳アレルギーにアレルゲンが拡大したり、逆に牛乳アレルギーから卵アレルギーにアレルゲンが拡大した結果を的確に診断できる。さらに、アレルゲンエピトープの拡大/縮小もアレルゲンの拡大/縮小と同様に検出可能である。
Usage Use field (In Japanese)アレルギー疾患判定キット
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人徳島大学, . (In Japanese)木戸 博, 多田 仁美, 澤淵 貴子, . JUDGING METHOD OF ALLERGIC DISEASE AND JUDGING KIT OF ALLERGIC DISEASE. P2006-267063A. Oct 5, 2006
  • G01N  33/53     
  • G01N  33/531    
  • G01N  33/543    
  • G01N  33/547    
  • G01N  37/00     
  • C07K   7/06     
  • C07K   7/08     

PAGE TOP