Top > Search Technology seeds > (In Japanese)高分子担持金属錯体触媒

(In Japanese)高分子担持金属錯体触媒

Seeds code S120008663
Posted date Feb 8, 2012
Researchers
  • (In Japanese)橋本 俊一
  • (In Japanese)穴田 仁洋
Name of technology (In Japanese)高分子担持金属錯体触媒
Technology summary (In Japanese)式で表される架橋高分子担持金属錯体触媒、及び該触媒の製造方法を提供し、さらに、C‐H挿入反応、シクロプロパン化反応などの有機化学反応における該触媒の使用方法を提供する。式中、M1とM2はロジウム、パラジウム、ルテニウムなどから選択され、Xは酸素原子、硫黄原子又は=NR5基(R5は水素原子又はアルキル基)を表し、R4はアルキル基、アリール基、アラルキル基、アルキルオキシ基又はアルキルアミノ基を表す。k+l+mに対してkは1~15%、mは0より大きく99%以下、lは残部を表し、nは1~4の整数を表す。触媒は、2価の炭化水素基のR1を含む配位性モノマー、芳香族基のR2を含む疎水性モノマー、および2価の炭化水素基のR3を含む重合性モノマーとを共重合させてなる架橋高分子と、(R4CXO)nM1M2で表される錯体との配位子交換により形成される。トルエンで膨潤させた本発明触媒に、2‐ジアゾ‐(6‐フェニル)ヘキサン酸メチルのトルエン溶液を加え、分子内C‐H挿入反応の進行を確認した。触媒は再利用が可能であった。他に製造方法の発明あり。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2008-526709.gif
Research field
  • Preparation of catalysts
  • Catalytic reactions (heterogeneous system)
  • Organic reactions in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)触媒活性及び不斉識別能が高く、繰り返し使用により触媒活性が低下せず触媒の回収・再利用が可能な、かつ低温下での反応が可能な金属錯体を母型触媒とする高分子担持金属錯体触媒及びその製造方法を提供する。また、有機化学反応における該高分子担持金属錯体触媒の使用方法を提供する。
カルボン酸が置換したスチレン誘導体、スチレン及び両末端にビニルベンジルオキシ基を置換した直鎖アルカンの共重合により調製した架橋高分子と金属カルボキシラート錯体に、光学活性N‐フタロイルアミノ酸を架橋配位子として組み込む配位子交換反応により得られる架橋高分子担持金属錯体を使用することで、触媒活性及び不斉識別能が高く、繰り返し使用により触媒活性が低下せず触媒の回収・再利用が可能な、かつ低温下での反応が可能な架橋高分子担持金属錯体触媒が提供できる。
Usage Use field (In Japanese)架橋高分子担持金属錯体触媒、架橋高分子担持金属錯体触媒製造システム、不斉識別触媒、有機反応システム
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人北海道大学, . (In Japanese)橋本 俊一, 穴田 仁洋, . (In Japanese)高分子担持金属錯体触媒. . Dec 17, 2009
  • B01J  31/22     
  • B01J  38/00     
  • C07C  69/753    
  • C07C  67/317    
  • C07C  69/757    
  • C08F 212/00     
  • C07D 307/84     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP