Top > Quick Search > Search Technology seeds > NEW RUTHENIUM-BASED CATALYST AND METHOD FOR PRODUCING 1,1-DITHIO-1-ALKENE USING THE SAME

NEW RUTHENIUM-BASED CATALYST AND METHOD FOR PRODUCING 1,1-DITHIO-1-ALKENE USING THE SAME

Seeds code S120008727
Posted date Feb 9, 2012
Researchers
  • (In Japanese)近藤 輝幸
  • (In Japanese)福田 崇
  • (In Japanese)和田 健司
  • (In Japanese)光藤 武明
Name of technology NEW RUTHENIUM-BASED CATALYST AND METHOD FOR PRODUCING 1,1-DITHIO-1-ALKENE USING THE SAME
Technology summary (In Japanese)ルテニウム系触媒は、式(I)で示す錯体に、式(II)で示す配位子を加えて得られる式(III)で示すものである。式(I)中、Cp*はペンタメチルシクロペンタジエニル、Xは塩素基、臭素基、ヨウ素基またはヒドリド基、codは1,5-シクロオクタジエンを示し、式(II)中、R1およびR2は、水素、または4、5員環または6員環を形成するものでもよく、R3およびR4は同一または異なって、水素、アルキル基、アリール基、ハロゲン基、アルコキシ基、メチルチオ基、アミノ基である。式(II)で示す配位子は、2,2’-ビピリジン、1や10-フェナントロリンが好ましい。他方、1,1-ジチオ-1-アルケンの製造方法は、前記ルテニウム系触媒、およびルテニウム上の配位子X基の交換可能な化合物の存在下の溶媒中にて、末端がアルキン基のアルキン類とジスルフィド類とを反応させて達成できる。ルテニウム上の配位子X基の交換を可能とする化合物としては、ヘキサフルオロリン酸ナトリウム、ヘキサフルオロリン酸アンモニウムなどが挙げられる。また、前記溶媒としては、プロパノール、ブタノールが効果的である。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2007-288167_1.GIF thum_2007-288167_2.GIF thum_2007-288167_3.GIF
Research field
  • Catalytic process
  • Unit process
  • Platinum family element complexes
Seeds that can be deployed (In Japanese)末端アルキンへのジスルフィド類の高選択的1,1-付加反応を可能とする触媒およびその触媒を用いることによる1,1-ジチオ-1-アルケンの製造方法を提供する。
本触媒はルテニウム系触媒であり、副生成物を生じることなく、原子効率100%で高選択的かつ高収率で、1,1-ジチオ-1-アルケンを合成することができる。さらに、触媒の使用後は、回収・再利用が可能と考えられ、非常に有用な触媒である。
Usage Use field (In Japanese)ルテニウム系触媒、ジスルフィド類付加反応触媒、アルケン類合成触媒、医薬中間体合成触媒
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人京都大学, . (In Japanese)近藤 輝幸, 福田 崇, 和田 健司, 光藤 武明, . NEW RUTHENIUM-BASED CATALYST AND METHOD FOR PRODUCING 1,1-DITHIO-1-ALKENE USING THE SAME. P2008-155201A. Jul 10, 2008
  • B01J  31/22     
  • C07C 319/14     
  • C07C 321/28     
  • C07C 323/20     
  • C07C 323/09     
  • C07C 323/62     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP