Top > Search Technology seeds > (In Japanese)ユーロピウムジケトンキレート化合物及びそれを用いた蛍光材料

(In Japanese)ユーロピウムジケトンキレート化合物及びそれを用いた蛍光材料

Seeds code S120008755
Posted date Feb 10, 2012
Researchers
  • (In Japanese)森口 哲次
Name of technology (In Japanese)ユーロピウムジケトンキレート化合物及びそれを用いた蛍光材料
Technology summary (In Japanese)蛍光材料のユーロピウムジケトンキレート化合物は式1で示される。式中,X+はヘテロ環カチオン性ポリマー又はカチオン性オリゴマーであり,R1は芳香族化合物基又は二重結合を複数含む複素環化合物基であり,Zは水素原子又は脂肪族若しくは脂環式化合物の置換基である。本発明に係るユーロピウムジケトンキレート化合物は,X+がポリビニルピリジニウム又はポリピロールカチオンであることを特徴とするものである。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-531335.gif
Research field
  • Physical properties of polymer solids
Seeds that can be deployed (In Japanese)従来のユーロピウムジケトンキレート化合物は結晶性が高いため塗布,製膜,ポリマー基材への分散等の加工性が悪く,発光性能的にも均一性や劣化等の問題がある。また各種ユーロピウムジケトンキレート化合物はイオン結合を含み蒸気圧が低く,減圧下でも加熱により溶融或いは酸化分解するので,蒸着製膜ができない問題もある。本発明は,紫外線照射で安定に赤色発光を示す新規なユーロピウムジケトンキレート化合物及びそれを用いた蛍光材料を提供する。また本発明は,ガラス基板上に塗布し或いはプラスチックに配合したときに高い分散性を有するユーロピウムジケトンキレート化合物及びそれを用いた蛍光材料を提供する。
蛍光材料は,紫外線照射で安定に赤色発光を示す新規なユーロピウムジケトンキレート化合物を含むものである。また,ユーロピウムジケトンキレート化合物を含有する蛍光材料は,ガラス基板上に塗布し或いはプラスチックに配合したときに高い分散性を有する。
Usage Use field (In Japanese)赤色発光性蛍光材料
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人九州工業大学, . (In Japanese)森口 哲次, . (In Japanese)ユーロピウムジケトンキレート化合物及びそれを用いた蛍光材料. . Jul 31, 2008
  • C09K  11/06     
  • C07C  49/92     
  • C07F   5/00     

PAGE TOP