Top > Quick Search > Search Technology seeds > METHOD FOR QUICKLY IDENTIFYING SALMONELLA TYPHIMURIUM, CHOLERAESUIS, ENTERITIDIS, DUBLIN AND GALLINARUM BY MULTIPLY DETECTING SPECIFIC GENE

METHOD FOR QUICKLY IDENTIFYING SALMONELLA TYPHIMURIUM, CHOLERAESUIS, ENTERITIDIS, DUBLIN AND GALLINARUM BY MULTIPLY DETECTING SPECIFIC GENE

Seeds code S120008909
Posted date Feb 17, 2012
Researchers
  • (In Japanese)秋庭 正人
Name of technology METHOD FOR QUICKLY IDENTIFYING SALMONELLA TYPHIMURIUM, CHOLERAESUIS, ENTERITIDIS, DUBLIN AND GALLINARUM BY MULTIPLY DETECTING SPECIFIC GENE
Technology summary (In Japanese)サルモネラ主要血清型に特異的な遺伝子をin silico(コンピューター上)で網羅的に抽出し、3700株を超えるサルモネラ野外分離株を利用して、抽出された遺伝子の血清型特異性を検討した結果、特定のサルモネラの血清型に特異的な遺伝子領域が存在すること、及び、この遺伝子領域を指標とすることにより、サルモネラの血清型の判別を行えることを利用するものである。すなわち、(a)サルモネラよりゲノムDNAを抽出する工程、(b)(A)から(E)からなる群より選択される少なくとも1つに記載のDNAを増幅する工程、(c)工程(b)において、(A)、(B)、(C)、(D)および(E)に記載のDNAの増幅産物が得られた場合にサルモネラの血清型がそれぞれ、Typhimurium、Choleraesuis、Enteritidis、DublinおよびGallinarumであると示される工程、を含むサルモネラの血清型を判別する方法である。ここで、増幅に用いるプライマーは、(A)~(E)に記載の塩基配列の全部又は一部を含むDNAを挟み込むように設定されたオリゴヌクレオチドのペア(プライマーセット)が用いられる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2009-140192.GIF
Research field
  • Structure and chemistry of genes
  • Gene replication
  • Animal infectious diseases caused by bacteria
Seeds that can be deployed (In Japanese)サルモネラの血清型に特異的な遺伝子を多重検出することにより、サルモネラの血清型を迅速に同定する方法を提供する。
血清型特異的遺伝子の多重検出によるサルモネラ血清型の迅速同定法が開発された。従来、サルモネラの血清型特定には2週間程度の時間を要していたため、血清型が特定される前に検査対象である飼料や食肉が消費されてしまう危険性があったが、サルモネラの血清型特定に要する時間を1週間以上短縮することが可能であるため、このような危険性を回避することが可能である。
Usage Use field (In Japanese)サルモネラ血清型判別用試薬、サルモネラ血清型判別用キット
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . (In Japanese)秋庭 正人, . METHOD FOR QUICKLY IDENTIFYING SALMONELLA TYPHIMURIUM, CHOLERAESUIS, ENTERITIDIS, DUBLIN AND GALLINARUM BY MULTIPLY DETECTING SPECIFIC GENE. P2010-035552A. Feb 18, 2010
  • C12N  15/09     
  • C12Q   1/68     

PAGE TOP