Top > Quick Search > Search Technology seeds > ANTHOCYANIN DYE DERIVED FROM CAMELLIA JAPONICA, METHOD FOR PRODUCING THE SAME AND USE THEREOF, AND METHOD FOR IDENTIFYING VARIETY OF CAMELLIA JAPONICA

ANTHOCYANIN DYE DERIVED FROM CAMELLIA JAPONICA, METHOD FOR PRODUCING THE SAME AND USE THEREOF, AND METHOD FOR IDENTIFYING VARIETY OF CAMELLIA JAPONICA

Seeds code S120009173
Posted date Mar 28, 2012
Researchers
  • (In Japanese)橋本 文雄
  • (In Japanese)李 建賓
  • (In Japanese)坂田 祐介
  • (In Japanese)侯 徳興
Name of technology ANTHOCYANIN DYE DERIVED FROM CAMELLIA JAPONICA, METHOD FOR PRODUCING THE SAME AND USE THEREOF, AND METHOD FOR IDENTIFYING VARIETY OF CAMELLIA JAPONICA
Technology summary (In Japanese)トウツバキから花弁を採集した。採集した花弁は、褐変を防ぐため熱湯に3~5秒間浸漬し、ポリフェノールオキシダーゼなどの酵素を死活させた。浸漬後、花弁を室温で乾燥させた。乾燥花弁2kgに、酢酸とメタノールを1対1で混合した溶液(50%酢酸-メタノール)12Lを加え、20~25℃でアントシアニン色素を抽出した。抽出液を綿栓でろ過した後、溶媒を減圧下、ロータリーエバポレーターで留去した。抽出残渣を5%酢酸水溶液に溶解し、オープンカラムクロマトグラフィーを繰り返し行うことによって、アントシアニン色素として、単離及び精製した。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2007-302353.gif
Research field
  • Plant biochemistry
  • Plant morphology and anatomy
Seeds that can be deployed (In Japanese)ツバキは、観賞用花木のみならず、種子を椿油の原料として用い、また、花は開花直前に採集して日干ししたものを、腸出血の救急薬や、滋養・強壮のため煎じて服用され、民間薬として用いられている。本発明は、ツバキの花又は花弁の抽出物から、赤色を発現するアントシアニン色素を分離する方法、また、分離された色素の化学構造を知ることによって、ツバキ品種間での色素分布の違いを知る方法を提供する。
ツバキ抽出物からアントシアニン色素を得ることができ、アントシアニン色素を標品として、各色素組成を元にツバキ属を種類分けすることが可能となり、ツバキ花弁由来のアントシアニンエキスを利用するために、明確に種類分けできる。
Usage Use field (In Japanese)アントシアニン色素飲食品、医薬品、化粧品
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 鹿児島大学, . (In Japanese)橋本 文雄, 李 建賓, 坂田 祐介, 侯 徳興, . ANTHOCYANIN DYE DERIVED FROM CAMELLIA JAPONICA, METHOD FOR PRODUCING THE SAME AND USE THEREOF, AND METHOD FOR IDENTIFYING VARIETY OF CAMELLIA JAPONICA. P2009-126810A. Jun 11, 2009
  • C07H  17/065    
  • A61K  36/18     
  • A61K  31/7048   
  • A61P  39/06     
  • A61P  35/00     

PAGE TOP