Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)原子価が低いチタン原子を含む微粒子の製造方法

(In Japanese)原子価が低いチタン原子を含む微粒子の製造方法

Seeds code S120009185
Posted date Mar 28, 2012
Researchers
  • (In Japanese)金井塚 勝彦
  • (In Japanese)小林 浩和
  • (In Japanese)北川 宏
Name of technology (In Japanese)原子価が低いチタン原子を含む微粒子の製造方法
Technology summary (In Japanese)原子価が低いチタン原子を含む微粒子の製造方法であって、(i)ハロゲン化チタンの溶液(A)を調製する工程と、(ii)溶液(A)中に、MBH4(ただし、MはLi、NaまたはKを表す)の式で表される少なくとも1種の化合物、例えば水素化ホウ素ナトリウムを添加して、66℃以上の温度で24時間以上反応させる工程とを含む。ハロゲン化チタンは、たとえば、四塩化チタン、四フッ化チタン、四臭化チタン、または四ヨウ化チタンである。溶液(A)の溶媒には、ハロゲン化チタンを溶解させることができる溶媒が用いられる。溶媒の沸点は、66℃以上であることが好ましい。工程(ii)では、加熱しながら24時間以上反応させることが重要である。反応温度は、40℃以上や50℃以上や60℃以上や70℃以上であってもよい。反応温度は、溶液(A)の溶媒の沸点以上の温度であってもよい。得られた反応生成物について、高分解能透過電子顕微鏡(HRTEM)による観察を行ったHRTEM像を図に示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2008-304098.gif
Research field
  • Powder production
  • Nonferrous metallic materials
  • Materials of solid‐state devices
Seeds that can be deployed (In Japanese)原子価が低いチタン原子を含む微粒子の新規な製造方法を提供する。
一般的には行われないような特殊な条件で初めて、水素化ホウ素ナトリウムを用いてチタンを還元して微粒子を作製できる。
Usage Use field (In Japanese)チタン原子含有微粒子、低原子価チタン原子、チタン微粒子、触媒材料、薄膜状IC基板材料
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)金井塚 勝彦, 小林 浩和, 北川 宏, . METHOD FOR PRODUCING FINE PARTICLE CONTAINING TITANIUM ATOM HAVING LOW VALENCY. P2010-126782A. Jun 10, 2010
  • B22F   9/24     

PAGE TOP