Top > Quick Search > Search Technology seeds > INFLUENZA-TREATING/PREVENTING AGENT

INFLUENZA-TREATING/PREVENTING AGENT

Seeds code S120009210
Posted date Mar 28, 2012
Researchers
  • (In Japanese)佐藤 智典
Name of technology INFLUENZA-TREATING/PREVENTING AGENT
Technology summary (In Japanese)ヘマグルチニン結合ペプチドは、糖鎖で修飾されている。このヘマグルチニン結合ペプチドは、GLAMAPS(配列番号1)、SVGHVRQHG(配列番号3)、あるいはGLAMAPSVGHVRQHG(配列番号5)のアミノ酸配列を有していてもよい。また、ヘマグルチニン結合ペプチドを修飾する糖鎖はN-アセチルガラクトサミン(GalNAc)であることが好ましい。また、糖鎖が、セリン残基に付加されていることが好ましい。これらのヘマグルチニン結合ペプチドを含有させて医薬組成物とし、この医薬組成物は、インフルエンザの治療又は予防のために用いてもよい。図はD1ペプチドの合成概要である。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2009-060242.gif
Research field
  • Basic research of other drugs
  • Clinical application of other drugs
Seeds that can be deployed (In Japanese)ヘマグルチニンに特異的に結合する物質によってインフルエンザウイルスの宿主細胞への結合を阻害すれば、広くインフルエンザウイルスの感染防止に効果があることが期待されるが、ヘマグルチニン結合ペプチドは、ペプチドの溶解性が低下するという問題がある。そこで、十分な可溶性と、高いインフルエンザウイルス感染阻害活性を有するヘマグルチニン結合ペプチドを提供し、このヘマグルチニン結合ペプチドを含む医薬組成物、インフルエンザ感染阻害剤、インフルエンザ治療薬、インフルエンザ予防薬を提供する。
糖鎖修飾ヘマグルチニン結合ペプチドは、ミセルを形成しないにも関わらず、高いインフルエンザウイルス感染阻害活性を有し、十分な可溶性を有する。このヘマグルチニン結合ペプチドを含む医薬組成物、インフルエンザウイルス感染阻害剤、インフルエンザ治療薬、インフルエンザ予防薬を提供することができる。
Usage Use field (In Japanese)インフルエンザ感染阻害剤、インフルエンザ治療薬、インフルエンザ予防薬
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人慶應義塾, . (In Japanese)佐藤 智典, . INFLUENZA-TREATING/PREVENTING AGENT. P2010-209052A. Sep 24, 2010
  • C07K   9/00     
  • G01N  33/53     

PAGE TOP