Top > Search Technology seeds > METHOD FOR PRODUCING PIPECOLIC ACID

METHOD FOR PRODUCING PIPECOLIC ACID

Seeds code S120009331
Posted date Mar 29, 2012
Researchers
  • (In Japanese)西野 憲和
  • (In Japanese)原中 沙織理
  • (In Japanese)森口 充瞭
  • (In Japanese)左右田 健次
Name of technology METHOD FOR PRODUCING PIPECOLIC ACID
Technology summary (In Japanese)D-2-アミノ-6-ハロゲノへキサン酸、L-2-アミノ-6-ハロゲノへキサン酸を、N-アセチル-DL-2-アミノ-6-ハロゲノへキサン酸のラセミ体溶液に、アスペルギルス・ジーナスL-アミノアシラーゼ、ThermococcuseitoralisL-アミノアシラーゼ、アシラーゼI(ブタスイ臓、Aspergillusmelleus)L-アミノアシラーゼ、アルカリジーナスキシロースオキシダンスD-アミノアシラーゼのいずれかのアミノアシラーゼを添加する調整工程と、ラセミ体溶液をpH6~9、温度20~50℃で10~30時間保持させる生成工程とによるアミノアシラーゼのエナンチオマー特異的作用により生成し、これに続く分子内環化反応によって、D-ピペコリン酸又はL-ピペコリン酸を生成させるピペコリン酸の製造方法である。この方法は、酵素的エナンチオマー特異的加水分解および自動環化反応をL-ピペコリン酸およびD-ピペコリン酸の簡便な製造法に利用できることを見出したことに基づいている。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2003-055011.gif
Research field
  • Synthesis of drugs
Seeds that can be deployed (In Japanese)高純度に光学分割されたピペコリン酸を高収率で安価に供給することができるピペコリン酸の製造方法を提供する。
高純度に光学分割されたピペコリン酸を高収率で低原価で、工業的な規模でのピペコリン酸の製造も可能にする。
Usage Use field (In Japanese)合成医薬品原料、抗がん剤、免疫抑制剤
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人九州工業大学, . (In Japanese)西野 憲和, 原中 沙織理, 森口 充瞭, 左右田 健次, . METHOD FOR PRODUCING PIPECOLIC ACID. P2004-261086A. Sep 24, 2004
  • C12P  41/00     
  • C07D 211/60     

PAGE TOP