Top > Search Technology seeds > PHALAENOPSIS AND METHOD FOR CULTIVATING THE SAME

PHALAENOPSIS AND METHOD FOR CULTIVATING THE SAME

Seeds code S120009397
Posted date Mar 30, 2012
Researchers
  • (In Japanese)窪田 聡
Name of technology PHALAENOPSIS AND METHOD FOR CULTIVATING THE SAME
Technology summary (In Japanese)本発明は、ファレノプシス(通称、胡蝶蘭)として商業的に取り扱われているPhalaenopsis属、Doritenopsis属、Doritis属などを対象とし、種子から繁殖した実生個体または栄養体から繁殖したクローン個体を、最低気温を25℃以上、最高気温を約30℃、光強度を約400μmol/m2/sで管理した条件で栄養生長を促進させ、以下の開花処理により草型を制御するものである。ひとつは、ファレノプシス株を非開花誘導条件に維持しながら、その葉腋に50%アセトンで溶解した10mmol/Lのジベレリン溶液を連続投与することで、頂芽部分がその頂芽を伸長して花芽を分化させて花をつけさせるもので、もうひとつは、頂芽部分及び腋芽部分を含めて開花誘導可能な条件に保つとともに、その葉腋に50%アセトンで溶解した10mmol/Lのジベレリン溶液を連続投与することにより、頂芽部分がその頂芽を伸長して花芽を分化させて花をつけさせると共に腋芽に花をつけさせるものである。図1に、本発明の栽培方法により、頂芽を伸長して花芽を分化させて花をつけたファレノプシスの例をしめした。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2008-268194.gif
Research field
  • Crop breeding
  • Flowering plants (=ornamental plants) and flowering trees
Seeds that can be deployed (In Japanese)頂芽などの腋芽以外の部分に花芽を分化させて開花する、新しい草型を持つファレノプシスの作出方法を提供すること。
ファレノプシス株を非開花誘導条件である高温条件で栽培し、これらの植物の葉腋にジベレリン溶液を毎週連続投与することにより、腋芽からの開花が抑制され、頂芽の開花が促進される。ファレノプシスを開花誘導条件下である低温条件に保つと、前記頂芽部分がその頂芽を伸長して花芽を分化させて花をつけると共に腋芽に花をつけることができる。
Usage Use field (In Japanese)ファレノプシス、ファレノプシス栽培装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人日本大学, . (In Japanese)窪田 聡, . PHALAENOPSIS AND METHOD FOR CULTIVATING THE SAME. P2010-094083A. Apr 30, 2010
  • A01G   7/00     
  • A01G   7/06     
  • A01G   1/00     
  • A01H   3/04     

PAGE TOP