Top > Search Technology seeds > SYSTEM IDENTIFICATION METHOD

SYSTEM IDENTIFICATION METHOD

Seeds code S130009631
Posted date Jun 5, 2013
Researchers
  • (In Japanese)西山 清
Name of technology SYSTEM IDENTIFICATION METHOD
Technology summary (In Japanese)システム同定のための構成を図に示す。このシステムは、未知システム1、適応フィルタ2を備える。また、適応フィルタ2は、FIRディジタルフィルタ3、適応アルゴリズム4を有する。未知システム1を同定する出力誤差方式においてukは未知システム1の入力、dkは所望信号であるシステムの出力、dkfはフィルタの出力である。未知システムのパラメータとしては、一般にインパルス応答が用いられるので、適応フィルタは評価誤差ek=dk-dkfを最小にするように適応アルゴリズムによってFIRディジタルフィルタ3の係数を調節する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2000-323958.GIF
Research field
  • System identification
Seeds that can be deployed (In Japanese)システム同定方法に係り、H∞評価基準に基づいて開発された変形H∞フィルタの高速H∞フィルタリングアルゴリズムを用いて時変システムの実時間同定技術を提供する。
変形H∞フィルタの高速H∞フィルタリングアルゴリズムを用いて、時不変および時変システムの高速実時間同定および推定を実現する。本アルゴリズムの特殊な場合として高速カルマンクイルタリングアルゴリズムを含み、また、時変システムの追従性を支配するシステム雑音の共分散を理論的に決定する。突然回線が切り替わるような激しく変化する時変システムのエコーキャンセラなどのように、入力信号が不連続に変化する場合においても、非常に有効な高速時変システム同定方法を提供する。通信システムや音響システムにおけるエコーキャンセラ、音場再生又は騒音制御などに適用できる
Usage Use field (In Japanese)時不変又は時変システムの高速実時間同定技術
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)西山 清, . SYSTEM IDENTIFICATION METHOD. P2002-135171A. May 10, 2002
  • H04B   3/23     
  • G05B  13/02     
  • H03H  21/00     

PAGE TOP