Top > Search Technology seeds > APPARATUS FOR PRODUCING EMULSION

APPARATUS FOR PRODUCING EMULSION

Seeds code S130009917
Posted date Jun 5, 2013
Researchers
  • (In Japanese)樋口 俊郎
  • (In Japanese)鳥居 徹
  • (In Japanese)西迫 貴志
  • (In Japanese)谷口 友宏
Name of technology APPARATUS FOR PRODUCING EMULSION
Technology summary (In Japanese)エマルションの製造装置において、平行電極を持つ基板と、この基板上に形成されるマイクロチャンネル2とを備え、マイクロチャンネル2の上流側の分散相(例えば、水)6を平行電極に印加される移動電界により吸引・排出してエマルションを生成させる。この装置において、連続相5(例えば、油)側の平行電極の配置を変えることにより、生成されたエマルションを所定の方向に案内可能にする。また、平行電極に印加する移動電界の移動速度を変えることにより、エマルションの生成速度を変化可能にする。また、エマルションの製造装置において、分散相の液槽下部に、複数のマイクロチャンネルが形成された剛体部材に挟着される弾性部材と、この弾性部材に応力を印加するアクチュエータと、複数のマイクロチャンネルが連通する連続相を具備し、複数の分散相を供給する手段として、基板と被駆動板とこの基板と被駆動板間に配置される弾性部材及び被駆動板を駆動するアクチュエータとを備え、複数の分散相を同時に供給する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2004-209334.gif
Research field
  • Applied physicochemical processes and equipment
Seeds that can be deployed (In Japanese)従来、微小なエマルション(マイクロスフィアを含む)の製造装置は薬品の製造過程において用いられており、いくつかの製造法が提案されているが、微小液滴を作る速さが遅く、界面活性剤やマイクロカプセルの外皮に包み込むことが出来ないこと、微小液滴径は、マイクロチャンネル幅の3倍以上のものしか形成することができない等の問題があった。そこで、簡便に、しかも迅速にエマルションを生成させることができるエマルションの製造装置を提供する。
簡便に、しかも迅速にエマルションを生成させることができる。更に、エマルションを生成させ、所定の方向に案内し、また、その生成速度を変化させることができる。更に、エマルションの大量生成を容易に行うことができる。このエマルションの製造装置は、薬品の製造分野やバイオテクノロジーの分野に好適である。
Usage Use field (In Japanese)エマルション製造装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)樋口 俊郎, 鳥居 徹, 西迫 貴志, 谷口 友宏, . APPARATUS FOR PRODUCING EMULSION. P2004-351417A. Dec 16, 2004
  • B01F   3/08     
  • B01F   5/06     
  • B81B   1/00     
  • B01J  13/00     

PAGE TOP