Top > Search Technology seeds > METHOD FOR DETERMINING GEOMETRY OF STRUCTURE

METHOD FOR DETERMINING GEOMETRY OF STRUCTURE

Seeds code S130009973
Posted date Jun 5, 2013
Researchers
  • (In Japanese)長松 昭男
Name of technology METHOD FOR DETERMINING GEOMETRY OF STRUCTURE
Technology summary (In Japanese)まず構造物A(一様な厚さの梁)の解析を行う。この解析は有限要素モデルB(推定構造物)を用いて行う。目標とする固有振動数Ω0rに近い固有振動数Ω1rを有すると推定される推定構造物について固有振動数Ω1rを演算する。次に、目標とする固有振動数Ω0rと推定構造物の固有振動数Ω1rとの振動数差dΩ(=|Ω0r-Ω1r|)を演算する。そして、振動数差dΩが予め定めた設定値以下か否かを判定する。振動数差dΩが設定値以下であれば、推定構造物を目標とする固有振動数Ω0rを有する構造物であると決定する。さらに、振動数差dΩが設定値より大きければ、推定構造物は目標とする固有振動数Ω0rを有する構造物ではないと決定する。次に、構造物の有限な要素のそれぞれについて、ひずみエネルギー密度Uと運動エネルギー密度Tを演算する。そして、複数の有限な要素のそれぞれについて、体積変化量dVを演算する。この体積変化量dVに基づいて構造物の形状寸法を決定する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-213290.gif
Research field
  • Architectural design, architects, architectural history
Seeds that can be deployed (In Japanese)従来の構造物の形状寸法を決定法では、目標とする固有振動数を有する形状寸法に近い構造物の形状寸法を決定するまでに、相当回数の演算を繰り返さなければならなかった。そこで、目標とする固有振動数を有する構造物の形状寸法を、従来の方法よりも簡単に、且つより高い精度で決定することができる構造物の形状寸法決定方法を提供する。
有限な要素のそれぞれについて、従来は誰も着目しなかった体積変化量dVを求めて、推定構造物の有限な要素の形状及び寸法を変更し、新たな推定構造物とすることにより、従来の方法よりも少ない演算回数でしかもより高い精度で構造物の形状・寸法を決定することができる。
Usage Use field (In Japanese)構造物の形状寸法決定システム
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, 長松 昭男, . (In Japanese)長松 昭男, . METHOD FOR DETERMINING GEOMETRY OF STRUCTURE. P2007-034421A. Feb 8, 2007
  • G06F  17/50     

PAGE TOP