Top > Search Technology seeds > METHOD FOR PREPARING METAL NANOPARTICLES AND STRUCTURAL BODY OF CARBON NANOFIBER

METHOD FOR PREPARING METAL NANOPARTICLES AND STRUCTURAL BODY OF CARBON NANOFIBER

Seeds code S130010031
Posted date Jun 6, 2013
Researchers
  • (In Japanese)本山 幸弘
  • (In Japanese)永島 英夫
  • (In Japanese)高崎 幹大
  • (In Japanese)尹 聖昊
  • (In Japanese)持田 勲
Name of technology METHOD FOR PREPARING METAL NANOPARTICLES AND STRUCTURAL BODY OF CARBON NANOFIBER
Technology summary (In Japanese)本発明では、反応性に富むヘキサゴナル網面の端面(エッジ面)の含有率が高い炭素材料である炭素ナノ繊維を担持担体として用い、金属カルボニル化合物を金属微粒子源とすることによって、ナノ金属微粒子/炭素ナノ繊維構造体の製造が可能であることを見出した。目的の金属のカルボニル錯体を溶かした有機溶媒中に炭素ナノ繊維を懸濁させて、その懸濁液を加熱還流および/または超音波照射することにより、金属カルボニル錯体をナノ微粒子化できる。これにより、ナノメートルサイズの均一な粒子径の金属微粒子が炭素表面に高度に分散した構造体が得られる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-063617.gif
Research field
  • Environmental sanitation and environmental pollution control in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)ナノメートルサイズの金属微粒子が炭素ナノ繊維に担持されたナノ金属微粒子/炭素ナノ繊維構造体で、高い活性と高耐久性の触媒等として有用な金属担持触媒を調製する技術の提供を目的とする。
金属担持触媒は、種々の化成品の合成触媒や環境触媒、水素貯蔵およびとりだし反応触媒などへの利用が見込まれている。本発明により、炭素ナノ繊維を懸濁させたカルボニル錯体(金属カルボニル化合物)溶液を加熱還流するという極めて簡便な操作で、粒子径をナノメートルサイズに制御された金属微粒子が炭素表面に高度に分散したナノ金属微粒子担持炭素ナノ繊維の構造体を得ることができる。高耐久性と高い触媒活性を両立させた金属担持触媒を得られるようになった。
Usage Use field (In Japanese)ナノ金属微粒子/炭素ナノ繊維構造体触媒材料、ナノ金属微粒子/炭素ナノ繊維構造体の製造方法
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)本山 幸弘, 永島 英夫, 高崎 幹大, 尹 聖昊, 持田 勲, . METHOD FOR PREPARING METAL NANOPARTICLES AND STRUCTURAL BODY OF CARBON NANOFIBER. P2006-281201A. Oct 19, 2006
  • B01J  37/00     
  • B01J  37/34     
  • B01J  23/46     
  • B01J  23/75     
  • B01J  23/745    
  • B01J  38/00     
  • B01J  23/96     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP