Top > Search Technology seeds > FLUORESCENCE MICROSCOPE AND FLUORESCENCE OBSERVATION METHOD

FLUORESCENCE MICROSCOPE AND FLUORESCENCE OBSERVATION METHOD

Seeds code S130010261
Posted date Jun 6, 2013
Researchers
  • (In Japanese)大津 元一
  • (In Japanese)川添 忠
Name of technology FLUORESCENCE MICROSCOPE AND FLUORESCENCE OBSERVATION METHOD
Technology summary (In Japanese)観察対象である試料に色素を導入し、上記色素を励起する励起光を試料に照射し、その励起光により励起されて発生される蛍光を結像して蛍光像を得る蛍光顕微鏡において、上記励起光として、上記色素を励起させる励起エネルギーよりもエネルギーの低い可視域又は赤外域のCW光を照射する励起光照射手段を備え、照射された上記励起光に基づいて上記試料中に近接場光を発生させ、発生させた上記近接場光に基づく非断熱過程に基づいて上記色素を励起させる。上記励起光照射手段は、上記試料としての細胞に上記励起光を照射し、照射された上記励起光に基づいて上記細胞における何れかの構成要素に上記近接場光を発生させる。または、上記励起光照射手段は、予め金属性の微粒子を添加した上記試料に上記励起光を照射し、照射された上記励起光に基づいて上記試料中の微粒子に上記近接場光を発生させる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2009-086891.gif
Research field
  • Optical instruments and techniques in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)観察対象である試料に色素を導入し、上記色素を励起する励起光を試料に照射し、その励起光により励起されて発生される蛍光を結像して蛍光像を得る蛍光顕微鏡において、上記励起光として、上記色素を励起させる励起エネルギーよりもエネルギーの低い可視域又は赤外域のCW光を照射する励起光照射手段を備える。そして、照射された上記励起光に基づいて上記試料中に近接場光を発生させ、発生させた上記近接場光に基づく非断熱過程に基づいて上記色素を励起させる。
細胞に対して励起光として紫外光を照射することなく、赤外光又は可視光を照射することにより、非断熱過程に基づいて電子を励起準位まで励起させることができ、発光させた蛍光によって組織観察を行うことが可能となる。その結果、試料としての細胞に従来であれば紫外光を照射しなければ得られなかった蛍光を、あくまで赤外光や可視光の照射によって得ることができる。この赤外光や可視光は、紫外光と比較して細胞に与えるダメージ、損傷を軽減させることが可能となる。
Usage Use field (In Japanese)蛍光顕微鏡
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)大津 元一, 川添 忠, . FLUORESCENCE MICROSCOPE AND FLUORESCENCE OBSERVATION METHOD. P2010-237554A. Oct 21, 2010
  • G02B  21/06     
  • G01N  21/64     

PAGE TOP