Top > Search Technology seeds > METHOD FOR PRODUCING FLUORINATED COMPOUND AND FLUORINATED POLYMER

METHOD FOR PRODUCING FLUORINATED COMPOUND AND FLUORINATED POLYMER

Seeds code S130010399
Posted date Jun 6, 2013
Researchers
  • (In Japanese)岡本 善之
  • (In Japanese)小池 康博
  • (In Japanese)ウェイホン リュウ
  • (In Japanese)イジョン グオ
Name of technology METHOD FOR PRODUCING FLUORINATED COMPOUND AND FLUORINATED POLYMER
Technology summary (In Japanese)フッ素化ポリマーおよびその原料となるフッ素化化合物の合成工程は複雑であり、かつコストが高い。フッ素化ポリマーは、重合性の不飽和基を持つ含フッ素化合物を重合することにより得られ、本発明では2-クロロ-2,2-ジフロロアセトアルデヒドとエチレンオキサイドとの反応によって式(4)で表されるフッ素化化合物(1,3-ジオキソラン誘導体)を製造した。これをモノマーとして用いることで常法のラジカル重合によりフッ素化ポリマーを得た。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2011-068456.gif
Research field
  • Dioxoles, oxathioles, dithioles
  • Physical properties of polymer solids
Seeds that can be deployed (In Japanese)フッ素化ポリマーは、プラスチック光ファイバーやフォトレジスト材料などの光学部材あるいは表面改質剤等として幅広い分野で利用される有用な物質である。本発明は、有用で新規なフッ素化化合物、及びそれを用いたフッ素化ポリマーの製造方法を提供することを目的とする。
本発明により、式(4)で示す新規なフッ素化化合物、そして、光学/電気部材又はコーティング材料として有用な式(1)で示すフッ素化ポリマーの製造方法を提供できる。
Usage Use field (In Japanese)フッ素化化合物、フッ素化ポリマーの製造方法
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)岡本 善之, 小池 康博, ウェイホン リュウ, イジョン グオ, . METHOD FOR PRODUCING FLUORINATED COMPOUND AND FLUORINATED POLYMER. P2011-168600A. Sep 1, 2011
  • C07D 317/16     
  • C08F  14/18     

PAGE TOP