Top > Search Technology seeds > METHOD FOR GASIFYING BIOMASS AND APPARATUS FOR GASIFICATION

METHOD FOR GASIFYING BIOMASS AND APPARATUS FOR GASIFICATION

Seeds code S130010524
Posted date Jun 6, 2013
Researchers
  • (In Japanese)冨重 圭一
  • (In Japanese)山田 宗慶
Name of technology METHOD FOR GASIFYING BIOMASS AND APPARATUS FOR GASIFICATION
Technology summary (In Japanese)原料のバイオマスを、ガス注入口3から供給する。供給されたバイオマスは、そのまま、又は一旦バイオマス供給層に蓄積された後、熱分解部1へ供給される。熱分解部1では、400~800℃の温度範囲で、0.1~10秒、好ましくは、500~700の温度範囲で、0.2~2秒、バイオマスが熱分解される。これによって、バイオマスは、チャー、灰分などからなる固体成分9と、ガス状のタールなどからなる気体成分とに分離される。ここで、タールが気体成分となる温度に調節する。気体成分であれば、チャーなどの固体成分9と分離して、別個に合成ガスを生成する反応系へと導入する。図にガス化装置を示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2003-206289.GIF
Research field
  • Biomars fuels and refuse derived fuels
Seeds that can be deployed (In Japanese)熱分解部内にタール改質部が設けられているデュアルベット型のガス化装置を用いて、ガス化装置の上部からバイオマスを供給し、バイオマスを固体成分と気体成分とに熱分解させ、熱分解により生じた気体成分のみを触媒層に通過させ、ガス化装置の下部からガス化装置の熱分解部に酸素及び/又は水蒸気を導入し、酸素及び/又は水蒸気を該熱分解部を通って熱分解部内に設けられたタール改質部内の触媒層に導入し、触媒層にて、前記熱分解により生じた気体成分を、酸素、水蒸気と反応させて、合成ガスを生成させる、バイオマスのガス化技術とガス化装置を提供する。
バイオマスを熱分解することにより生じる固体成分と、気体成分とに分離して、気体成分を触媒と反応させることによって、生産コスト及びCO2排出量が極めて低い高効率的なガス化技術とガス化装置が得られる。
Usage Use field (In Japanese)バイオマスガス化技術、ガス化装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人東北大学, . (In Japanese)冨重 圭一, 山田 宗慶, . METHOD FOR GASIFYING BIOMASS AND APPARATUS FOR GASIFICATION. P2005-053972A. Mar 3, 2005
  • C10J   3/00     
  • B09B   3/00     
  • C10B  53/02     
  • C10J   3/54     

PAGE TOP