Top > Search Technology seeds > METHOD FOR PRETREATING SPECIMEN BEFORE MODIFICATION OF NUCLEIC ACID

METHOD FOR PRETREATING SPECIMEN BEFORE MODIFICATION OF NUCLEIC ACID

Seeds code S130010626
Posted date Jun 6, 2013
Researchers
  • (In Japanese)永坂 岳司
  • (In Japanese)松原 長秀
  • (In Japanese)田中 紀章
Name of technology METHOD FOR PRETREATING SPECIMEN BEFORE MODIFICATION OF NUCLEIC ACID
Technology summary (In Japanese)核酸の修飾に先だって行われる検体前処理方法に関するものであり、検体にグリコーゲンを添加し、タンパク質変性剤を添加しないことを特徴とする核酸の修飾前の検体の前処理方法である。すなわち重亜硫酸塩を添加する工程より前に検体からDNAを精製することなく、検体に存在する非メチル化シトシンをウラシルに修飾する方法:検体を溶解液に溶解又は希釈して検体含有溶液を調製する工程;溶液にグリコーゲンを添加する工程;溶液に重亜硫酸塩を添加する工程;であり、検体が、血液、血清、糞便、射出精液、喀痰、唾液、および脳脊髄から選択される、方法である。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2004-359471.gif
Research field
  • Structure and chemistry of genes
  • Biochemical analytical methods
  • Nucleic acids in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)メチル化シトシンなどの核酸修飾を定量する前の処理を効率よく行なう方法を提供する。
核酸の修飾に先立つ前処理方法により、極めて簡便に、かつ飛躍的に短時間で核酸修飾処理に供するための試料を得ることができる。また、前処理方法は、操作が簡便であるため、試料の汚染や試料の損失を防ぐことができ、大量に前処理された核酸を得ることができる。よって、微量しか採取できない検体を用いることや、大量の核酸を必要とする解析方法等に適用することが可能となる。
Usage Use field (In Japanese)核酸修飾前処理剤、核酸修飾前処理技術、メチル化シトシン定量技術、メチル化シトシン定量前処理剤
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 岡山大学, . (In Japanese)永坂 岳司, 松原 長秀, 田中 紀章, . METHOD FOR PRETREATING SPECIMEN BEFORE MODIFICATION OF NUCLEIC ACID. P2006-166712A. Jun 29, 2006
  • C12Q   1/68     
  • C12N  15/09     

PAGE TOP