Top > Search Technology seeds > ANIMAL MODEL OF HUMAN ATTENTION DEFICIT HYPERACTIVE DISORDER

ANIMAL MODEL OF HUMAN ATTENTION DEFICIT HYPERACTIVE DISORDER

Seeds code S130010708
Posted date Jun 6, 2013
Researchers
  • (In Japanese)東田 千尋
  • (In Japanese)門脇 真
Name of technology ANIMAL MODEL OF HUMAN ATTENTION DEFICIT HYPERACTIVE DISORDER
Technology summary (In Japanese)ホスファチジルイノシタイド3キナーゼのサブユニットp85αの機能が欠損した非ヒト動物(マウス)の注意欠陥多動性障害のモデル動物である。ホスファチジルイノシタイド3キナーゼのサブユニットp85αの機能が欠損した非ヒト動物に被験物質を投与することを特徴とする注意欠陥多動性障害の予防および/または治療剤のスクリーニングすることができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-177718.gif
Research field
  • Gene manipulation
  • Laboratory organisms
  • Basic research of other drugs
Seeds that can be deployed (In Japanese)注意欠陥多動性障害(ADHD)の病因を解析するためのモデル動物を提供する。また、ADHDの予防および/または治療に用いられる薬物のスクリーニング方法を提供する。
PI3K-p85αノックアウトマウスに代表されるPI3Kのサブユニットp85αの機能を欠損させた動物がその行動学的特徴から新しいADHDモデルとなることが明らかになった。PI3Kの機能が欠損していることにより生じている脳内の神経構造の変化を解析することは、ADHDの原因となるような、神経回路の異常の解明に繋がる。また、PI3Kノックアウトマウスの異常行動が、PI3Kシグナル伝達系が減弱していることによるものと捉えれば、PI3Kシグナル伝達系を賦活させるようなコンセプトによる新しいADHD治療薬の開発も可能である。
Usage Use field (In Japanese)注意欠陥多動性障害マウス、注意欠陥多動性障害治療薬スクリーニング技術
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人富山大学, . (In Japanese)東田 千尋, 門脇 真, . ANIMAL MODEL OF HUMAN ATTENTION DEFICIT HYPERACTIVE DISORDER. P2008-005731A. Jan 17, 2008
  • A01K  67/027    
  • C12N  15/09     
  • G01N  33/15     
  • G01N  33/50     

PAGE TOP