Top > Search Technology seeds > SPECIMEN MOVEMENT CONTROLLER AND METHOD

SPECIMEN MOVEMENT CONTROLLER AND METHOD

Seeds code S130010721
Posted date Jun 6, 2013
Researchers
  • (In Japanese)渕脇 大海
Name of technology SPECIMEN MOVEMENT CONTROLLER AND METHOD
Technology summary (In Japanese)検体動作制御装置及び方法は、検体4を浮遊させる検体浮遊液3を保持する検体浮遊液槽2と、検体浮遊液槽2の検体投入領域から注入操作領域2Aに処理前検体4Aを導入すると共に、注入操作領域2Bから処理済検体4Bを検体貯留領域2Cに導出する流れを形成する流れ形成手段(31A、31B、35、36、37、38)と、注入操作領域2Bの所定の位置に処理前検体4Aを誘導する局所流動を形成する振動手段6、51と、注入操作領域2Bに誘導された処理前検体4Aを吸着して固定する検体吸着手段9、51と、検体吸着手段9、51に固定された処理前検体4Aに注入剤を注入処理する注入剤注入手段11とを設けると共に、流れ形成手段(31A、31B、35、36、37、38)は、検体浮遊液3を注入操作領域3Bを通って流すように検体浮遊液3を検 体浮遊液槽2内を循環させるロータ(31A、31B)を含むようにする。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-110875.gif
Research field
  • Laboratory techniques and instrumentation systems in physics
Seeds that can be deployed (In Japanese)検体浮遊液内を浮遊している多数の検体を、1つずつピペット先端位置に誘導して、注入剤を注入処理できるようにした検体動作制御装置及び方法を提案する。
検体投入領域から注入操作領域を通って検体貯留領域へ流すように、検体浮遊液を、ロータによって、検体浮遊液槽内を循環させると共に、注入操作領域において振動手段、検体吸着手段及び注入剤注入手段によって注入処理をするようにしたことにより、投入された処理前検体を1つずつ自動的に処理し得る検体動作制御装置を実現できる。
Usage Use field (In Japanese)検体動作制御装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人電気通信大学, . (In Japanese)渕脇 大海, . SPECIMEN MOVEMENT CONTROLLER AND METHOD. P2006-292468A. Oct 26, 2006
  • G01N   1/00     
  • C12M   1/26     
  • C12M   1/42     
  • G01N   1/28     

PAGE TOP