Top > Search Technology seeds > CUSHIONING ADSORBENT COMPRISING SS25 PEPTIDE, SS25' PEPTIDE AND/OR CUSHION PROTEIN

CUSHIONING ADSORBENT COMPRISING SS25 PEPTIDE, SS25' PEPTIDE AND/OR CUSHION PROTEIN

Seeds code S130010734
Posted date Jun 6, 2013
Researchers
  • (In Japanese)中西 一弘
  • (In Japanese)今中 洋行
  • (In Japanese)今村 維克
Name of technology CUSHIONING ADSORBENT COMPRISING SS25 PEPTIDE, SS25' PEPTIDE AND/OR CUSHION PROTEIN
Technology summary (In Japanese)SS25ペプチド、SS25’ペプチド、およびクッションタンパク質からなる群から選択される少なくとも1つを含む、固体表面に吸着できるクッション性吸着剤に関する。クッションタンパク質がサーモコッカス・コダカレンシスのリボヌクレアーゼHIIまたはその変異体である目的のタンパク質やペプチドを固体表面に吸着させる時、吸着後の目的タンパク質やペプチドの残存活性を高めるために目的タンパク質やペプチドのアミノ末端やカルボキシル末端にペプチド結合により結合する配列番号2および4のペプチドからなる群から選択される少なくとも1つからなる、固体表面に吸着できるクッション性吸着剤である。サーモコッカス・コダカレンシスのリボヌクレアーゼHIIとSS25ペプチドとを連結してステンレスに吸着させたときには、吸着後のサーモコッカス・コダカレンシスのリボヌクレアーゼHIIの残存酵素活性が、サーモコッカス・コダカレンシスのリボヌクレアーゼHII単独の時と比較してさらに高まる。図1は、SS23、SS25、T5ペプチドおよびK4A2D4のステンレス粒子に対する吸着を示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-236478.gif
Research field
  • Peptides
  • Physical methods of separation methods
  • Substance production by animal tissues and cells
Seeds that can be deployed (In Japanese)固体表面に吸着後の目的タンパク質やペプチドの残存活性を増加できる、特定の配列番号1~4のペプチド、およびクッションタンパク質からなる群から選択される少なくとも1つを含む、固体表面に吸着できるクッション性吸着剤を提供する。さらに、これらクッション性吸着剤を有する固体を提供する。
目的のタンパク質やペプチドを固体表面に吸着する際に、該タンパク質やペプチドを、特定の配列番号1~4のペプチドおよび/またはクッションタンパク質と連結した形態で吸着させることにより、該タンパク質やペプチドを単独で吸着させたときよりも、吸着後の該タンパク質やペプチドの残存活性を増加させることができる。
Usage Use field (In Japanese)クッション性吸着剤、タンパク質精製担体、生体高親和性材料、バイオセンー、マイクロバイオリアクター
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 岡山大学, . (In Japanese)中西 一弘, 今中 洋行, 今村 維克, . CUSHIONING ADSORBENT COMPRISING SS25 PEPTIDE, SS25' PEPTIDE AND/OR CUSHION PROTEIN. P2008-054599A. Mar 13, 2008
  • C07K   7/08     
  • C12N  11/00     
  • C12N  15/09     
  • B01J  20/00     
  • C12N   9/22     
  • B01D  15/08     
  • G01N  30/00     

PAGE TOP