Top > Search Technology seeds > CYTOKINE-PRODUCING HUMAN CELL LINE

CYTOKINE-PRODUCING HUMAN CELL LINE

Seeds code S130010761
Posted date Jun 6, 2013
Researchers
  • (In Japanese)稲井 邦博
  • (In Japanese)高木 和貴
  • (In Japanese)内木 宏延
  • (In Japanese)上田 孝典
Name of technology CYTOKINE-PRODUCING HUMAN CELL LINE
Technology summary (In Japanese)ヒト胸腺癌細胞から樹立したヒト細胞株であって、インターロイキン-6、インターロイキン-8およびrantesを自立的に産生する細胞株Thy-Lである。すなわち胸腺癌により死亡した患者から、インフォームドコンセントに基づいて癌組織を分離し、非癌細胞を除去して少なくとも95%以上に純化した癌細胞を得た。この癌細胞を10%ウシ胎児血清含有のRPMI1640培地で、約1×106細胞/mlの濃度で浮遊培養した(5%CO2、37℃)。安定して細胞増殖するまで、3日ごとに培地を部分的に交換して培養を継続した。培養した細胞から、1年以上にわたって安定に増殖する細胞の存在を確認し、細胞株として樹立した。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-095832.gif
Research field
  • Substance production by animal tissues and cells
  • Research methods in biological sciences in general
  • Genetic variation
Seeds that can be deployed (In Japanese)炎症性サイトカインと、この炎症性サイトカインと協調して作用するケモカインとを、自立的に産生する細胞株を提供する。
サイトカイン産生ヒト細胞株は、炎症性サイトカインと、この炎症性サイトカインと協調して作用するケモカインとを自立的に産生する。これによって、炎症や免疫応答、癌、ウイルス感染などの生体反応に関わるサイトカイン・ケモカインネットワークの基礎的研究、受容体やアンタゴニストのスクリーニング、あるいはサイトカインが関連する腫瘍、炎症性疾患、アレルギー性疾患等の病態解析に利用できる。また、この細胞株は、各疾患に対する治療薬剤、診断薬剤の開発ツールとしての有用性を有してもいる。しかも、この発明によって提供される具体的な細胞株Thy-L(FERMP-20424)は、世界初のヒト胸腺癌細胞株である。
Usage Use field (In Japanese)サイトカイン産生ヒト細胞株、サイトカイン産生技術
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人福井大学, . (In Japanese)稲井 邦博, 高木 和貴, 内木 宏延, 上田 孝典, . CYTOKINE-PRODUCING HUMAN CELL LINE. P2006-271268A. Oct 12, 2006
  • C12N   5/06     

PAGE TOP