Top > Search Technology seeds > LASER ENERGY AND INFORMATION SUPPLY SYSTEM

LASER ENERGY AND INFORMATION SUPPLY SYSTEM

Seeds code S130010770
Posted date Jun 6, 2013
Researchers
  • (In Japanese)河島 信樹
  • (In Japanese)武田 和也
Name of technology LASER ENERGY AND INFORMATION SUPPLY SYSTEM
Technology summary (In Japanese)遠隔装置に、情報が乗ったレーザ光を送るレーザシステムと、レーザシステムからのレーザ光を受光して電気に変換する光電変換装置、レーザ光から情報を取得する情報取得装置で構成される。そして、遠隔装置(カイトプレーン)100は、太陽電池パネル101によってレーザシステム200からのレーザ光を受光して電気に変換し、制御信号用受光器102によってレーザ光から制御信号を取得し、強誘電体フィルタ104によってコーナリフレクタ103で反射されたレーザ光の一部に画像データを乗せる。レーザシステム200は、制御データ用変調回路202によって、レーザ装置201が出射したレーザ光の一部に制御信号を乗せ、反射光検出装置203によって、コーナリフレクタ103で反射されて画像データが乗ったレーザ光から画像データを取得する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-249542.gif
Research field
  • Optical communication systems and equipment
  • Power transmission
Seeds that can be deployed (In Japanese)従来、遠隔装置において、電力(燃料)供給、遠隔装置の運動制御、位置情報、姿勢情報、システム情報、遠隔装置が撮影した静止画や動画の情報の取得は、互いに異なる手段を用いて行われてきた。これらを一本化し、遠隔装置の簡素化、小型化、軽量化および省電力化ができるようにすることを目的とする。
本発明によれば、遠隔装置へのエネルギ伝送、遠隔装置への情報送信、遠隔装置からの情報取得を一本化が可能となる。そして、システムとしてシンプルにする結果、遠隔装置のシステムの簡素化、小型化、軽量化・省電力化とレーザシステムの簡素化、省力化を達成することができる。
Usage Use field (In Japanese)レーザによる遠隔操作システム
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人近畿大学, . (In Japanese)河島 信樹, 武田 和也, . LASER ENERGY AND INFORMATION SUPPLY SYSTEM. P2008-072474A. Mar 27, 2008
  • H04B  10/24     
  • H04B  10/00     
  • H04B  10/10     
  • H04B  10/105    
  • H04B  10/22     
  • H04B  10/02     
  • B64D  47/00     

PAGE TOP