Top > Search Technology seeds > CDMA TRANSMITTING DEVICE AND METHOD

CDMA TRANSMITTING DEVICE AND METHOD

Seeds code S130010807
Posted date Jun 6, 2013
Researchers
  • (In Japanese)安達 文幸
  • (In Japanese)劉 楽
Name of technology CDMA TRANSMITTING DEVICE AND METHOD
Technology summary (In Japanese)送信側では、DS-CDMA信号等の送信信号を周波数領域で差動符号化し、ガードインターバルを付加して送信する。受信側では、FFTを用いて受信信号を直交周波数成分に分解した上で差動復号すればよいから、チャネル推定は不要となる。すなわち、受信側では、GI削除部42は、受信部41からのチップ系列のガードインターバルを削除してチップ系列を得る。FFT部401は、Ncチップごとの各チップブロックをNc-ポイントFFTによりNc個の直交周波数成分に分解する。差動復号化部43は、各周波数成分を差動復号化する。等化部404は、各周波数成分毎に等化を行う。加算部405は、等化部404からのNc個の周波数成分を加算してデータ系列を復元する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-148120.gif
Research field
  • Mobile communication
Seeds that can be deployed (In Japanese)移動端末が高速移動するとチャネル伝達関数が時間変動する。このような時間変動するチャネル伝達関数を高精度に推定するためには、パイロット信号の送信周期を短くしなければならない。しかし、チャネル推定を必要としない方法があれば、パイロット信号を送信する必要もなく高速移動にも対応できるDS-CDMA信号伝送が可能となる。そこで、チャネル推定を不要とし、パイロット信号を不要とし、送信データレートを低下しないCDMA伝送装置を実現することを目的とする。
本発明によると、チャネル推定を不要とすることができる。そのため、パイロット信号が不要となり、送信データレートが低下させない。また、受信側での周波数領域復号過程で周波数領域等化が行われるので、周波数ダイバーシチ効果が得られるから高品質伝送を実現できる。
Usage Use field (In Japanese)移動通信方式/機器、携帯電話、スマートフォン
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人東北大学, . (In Japanese)安達 文幸, 劉 楽, . CDMA TRANSMITTING DEVICE AND METHOD. P2006-325099A. Nov 30, 2006
  • H04B   1/707    
  • H04L  27/01     

PAGE TOP