Top > Search Technology seeds > METHOD FOR DETERMINING KIND OF MATERIAL PLANT OF PROCESSED FOOD

METHOD FOR DETERMINING KIND OF MATERIAL PLANT OF PROCESSED FOOD

Seeds code S130010829
Posted date Jun 6, 2013
Researchers
  • (In Japanese)田原 誠
  • (In Japanese)大江 夏子
  • (In Japanese)山下 裕樹
  • (In Japanese)丸谷 優
  • (In Japanese)國米 修平
Name of technology METHOD FOR DETERMINING KIND OF MATERIAL PLANT OF PROCESSED FOOD
Technology summary (In Japanese)サツマイモを原料に含む加工食品に含まれる原料サツマイモの品種を判定する方法であって、サツマイモゲノムの品種に固有の特定部位にレトロトランスポゾンが挿入されているか否かを検出することによって原料サツマイモの品種を判定することを特徴とし、Rtsp-1レトロトランスポゾンであり、原料サツマイモの品種判定方法である。Rtsp-1レトロトランスポゾンに隣接するゲノム領域の塩基配列に基づいて設計されるプライマーと、Rtsp-1レトロトランスポゾンの塩基配列に基づいて設計されるプライマーとを組み合わせたプライマーセットを用いて、加工食品から調製したDNAを鋳型として核酸増幅反応を行い、増幅産物の有無を確認する方法である。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-187107.gif
Research field
  • Food analysis
  • Research methods in genetics
  • Biochemical analytical methods
Seeds that can be deployed (In Japanese)加工食品、特に植物を原料に含む加工食品の原料品種を高精度に判定する方法を提供する。
原料品種判定方法は、植物ゲノムの特定部位にレトロトランスポゾンが挿入されているか否かを核酸増幅反応を用いて検出するものであるので、鋳型とするDNAが極めて微量であっても検出することができる。したがって、加工食品から抽出されるDNAが劣化したものであり、また抽出可能なDNAが微量であっても原料植物の品種を判定できるという効果を奏する。また、核酸増幅反応により増幅される断片が極めて短くなるようにプライマーを設計することにより、加工食品から抽出されるDNAが高度に断片化されたものであっても原料植物の品種を判定できる。
Usage Use field (In Japanese)原料品種判定キット、原料品種判定技術、サツマイモ品種判定キット、サツマイモ品種判定技術
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人岡山大学, . (In Japanese)田原 誠, 大江 夏子, 山下 裕樹, 丸谷 優, 國米 修平, . METHOD FOR DETERMINING KIND OF MATERIAL PLANT OF PROCESSED FOOD. P2006-042808A. Feb 16, 2006
  • C12Q   1/68     
  • C12N  15/09     
  • G01N  33/02     

PAGE TOP