Top > Search Technology seeds > (In Japanese)超音波モータ

(In Japanese)超音波モータ

Seeds code S130010939
Posted date Jun 6, 2013
Researchers
  • (In Japanese)神田 岳文
  • (In Japanese)鈴森 康一
Name of technology (In Japanese)超音波モータ
Technology summary (In Japanese)中空部を有する筒状として、外周面には周方向に沿って複数の電極を設けるとともに、内周面にも電極を設けて、各電極に所定の電圧を印加することにより基端に対して先端を軸線回りの円形軌跡に沿って振動させる圧電体からなる振動子と、この振動子と同軸上に配置して、基端を振動子の先端に当接させたロータと、一端に軸受を介してロータを回転自在に支持するとともに他端を振動子の基端側に装着する筒状のケーシングと、ロータと軸受との間に設けてロータの基端を振動子の先端に押圧させる付勢体とを備え、振動子の振動にともなってロータを軸線方向に回転させる超音波モータにおいて、ロータの基端には、振動子側に向けて拡開状としたテーパ面を設け、このテーパ面に振動子の先端縁を当接させる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2007-508187.gif
Research field
  • Motors
Seeds that can be deployed (In Japanese)超音波モータの利用範囲を拡大させるためにミリオーダーサイズとした超小型の超音波モータが求められているものの、従来の超音波モータをスケールダウンによって小型化すること、加工精度の関係上、極めて困難であるという問題があった。そこで、所望の出力特性を有しながら、取扱いやすい小型の超音波モータを提供することを目的とする。
本発明によれば、中空部を有する筒状として、外周面には周方向に沿って複数の電極を設けるとともに、内周面にも電極を設けて、各電極に所定の電圧を印加することにより基端に対して先端を軸線回りの円形軌跡に沿って振動させる圧電体からなる振動子と、この振動子と同軸上に配置して、基端を振動子の先端に当接させたロータと、一端に軸受を介してロータを回転自在に支持するとともに他端を振動子の基端側に装着する筒状のケーシングと、ロータと軸受との間に設けてロータの基端を振動子の先端に押圧させる付勢体とを備え、振動子の振動にともなってロータを軸線方向に回転させる超音波モータとしたことによって、小型の超音波モータを精度よく形成できる。
Usage Use field (In Japanese)超小型超音波モータ
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人岡山大学, . (In Japanese)神田 岳文, 鈴森 康一, . (In Japanese)超音波モータ. . Aug 28, 2008
  • H02N   2/00     

PAGE TOP