Top > Search Technology seeds > (In Japanese)癌の転移性及び浸潤能の検査方法

(In Japanese)癌の転移性及び浸潤能の検査方法

Seeds code S130011084
Posted date Jun 7, 2013
Researchers
  • (In Japanese)北川 雅敏
  • (In Japanese)高 芸
  • (In Japanese)北川 恭子
Name of technology (In Japanese)癌の転移性及び浸潤能の検査方法
Technology summary (In Japanese)検査対象の細胞又は組織におけるGタンパク共役型受容体GPR48の発現を検出することからなる癌の転移性の検査方法及び検査対象の細胞又は組織におけるGタンパク共役型受容体GPR48の発現を検出することからなる癌の浸潤能の検査方法である。この検出の方法は、抗原抗体反応、RT-PCR、cDNAマイクロアレイ、ノーザンブロッティング、マススペクトロメトリー解析、又はプロテインチップ解析により可能である。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2007-526861.gif
Research field
  • Chemistry, biochemistry and pathology of tumors (=neoplasms)
  • Pathological tests
Seeds that can be deployed (In Japanese)癌患者の癌部組織検体を用いてGPR48の発現量を定量的RT-PCR又は抗GPR48抗体を用いた免疫組織染色や酵素免疫抗体法等の免疫学的方法により転移の可能性を診断する方法を提供する。
分化度(中程度)、リンパ管浸潤(有)及びリンパ節転移(有)とGPR48の発現亢進が有意な相関を示した。GPR48は癌細胞の浸潤を促進する機能を持っていることを考え合わせると、GPR48の発現亢進はヒトの癌の転移浸潤性の亢進を導いていると考えられる。
Usage Use field (In Japanese)GPR48発現量検出キット、GPR48発現量検出技術、癌転移性診断技術
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人浜松医科大学, . (In Japanese)北川 雅敏, 高 芸, 北川 恭子, . (In Japanese)癌の転移性及び浸潤能の検査方法. . Dec 11, 2008
  • C12Q   1/68     
  • C12N  15/09     
  • G01N  33/574    
  • C07K  16/30     

PAGE TOP