Top > Quick Search > Search Technology seeds > INDUCING AGENT FOR SPAWNING AND SPERM EJECTION OF SEA CUCUMBER, AND PRODUCTION METHOD OF SEA CUCUMBER USING THE SAME

INDUCING AGENT FOR SPAWNING AND SPERM EJECTION OF SEA CUCUMBER, AND PRODUCTION METHOD OF SEA CUCUMBER USING THE SAME

Seeds code S130011133
Posted date Jun 7, 2013
Researchers
  • (In Japanese)吉国 通庸
  • (In Japanese)大野 薫
  • (In Japanese)山野 恵祐
  • (In Japanese)藤原 篤志
  • (In Japanese)淡路 雅彦
  • (In Japanese)松本 才絵
Name of technology INDUCING AGENT FOR SPAWNING AND SPERM EJECTION OF SEA CUCUMBER, AND PRODUCTION METHOD OF SEA CUCUMBER USING THE SAME
Technology summary (In Japanese)マナマコは、各地で種苗の生産、そして種苗放流が行われている。しかし、供給できる種苗数は少なく、種苗生産効率の上昇が急務となっている。本発明では、マナマコ体組織より、発達した卵巣・精巣を持つ親個体に作用して放卵・放精を誘起する活性成分を見出した。そして、ナマコの親個体の成熟度の判定選抜方法、卵巣・精巣の成熟度の判定方法、さらに成熟親個体の放卵・放精誘導法を確立し、本発明を完成した。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2008-216517.gif
Research field
  • Aquaculture in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)棘皮動物、特にナマコの、放卵又は放精を誘起する放卵・放精誘起剤としてのペプチド、及び放卵又は放精を効率的に行う方法の提供を目的とする。本発明は、特にナマコの生産、ナマコの種苗の育成において有用である。
本発明により、産卵期のナマコを用いて任意の時期に確実に放卵・放精を起こさせることが可能となり、種苗生産現場での計画的で効率的な受精卵の生産が、安価で簡便で確実に実施することが可能となった。
Usage Use field (In Japanese)ナマコ放卵・放精誘起剤、ナマコの生産方法
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人九州大学, 国立研究開発法人水産研究・教育機構, 大学共同利用機関法人自然科学研究機構, . (In Japanese)吉国 通庸, 大野 薫, 山野 恵祐, 藤原 篤志, 淡路 雅彦, 松本 才絵, . INDUCING AGENT FOR SPAWNING AND SPERM EJECTION OF SEA CUCUMBER, AND PRODUCTION METHOD OF SEA CUCUMBER USING THE SAME. P2010-053041A. Mar 11, 2010
  • C07K   7/06     
  • A01K  61/00     

PAGE TOP