Top > Search Technology seeds > METHOD FOR PRODUCING ULTRAFINE NANOFIBER

METHOD FOR PRODUCING ULTRAFINE NANOFIBER

Seeds code S130011139
Posted date Jun 7, 2013
Researchers
  • (In Japanese)川上 浩良
  • (In Japanese)福嶋 聡
Name of technology METHOD FOR PRODUCING ULTRAFINE NANOFIBER
Technology summary (In Japanese)溶媒に可溶なポリイミドと溶媒とを含む紡糸溶液1をシリンジ2に充填し、ニードル型電極3とコレクタ電極4との間に数kV~数十kVの直流高電圧を印加してエレクトロスピニング法によりナノファイバーを製造する。紡糸溶液中に、塩、例えばテトラブチルアンモニウムブロマイド、ベンジルトリエチルアンモニウムクロライドなどの第4級アンモニウム塩を添加、含有させてエレクトロスピニングを行う。塩としてテトラブチルアンモニウムブロマイド、ベンジルトリエチルアンモニウムクロライドなどを用いる場合、紡糸溶液中に0.05~0.5重量%含有させることが好ましく、より好ましくは0.05~0.2重量%である。溶媒に可溶なポリイミドは、フッ素基を含む含フッ素ポリイミドやスルホン酸基を含んだスルホン化ポリイミドが好ましい。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2008-120163.gif
Research field
  • Fiber manufacturing and yarn processing in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)溶媒に可溶なポリイミドを用いてエレクトロスピニング法により極細ナノファイバーを形成する際に、従来の方法に比べより微細な径を有するとともに、得られるファイバーの径の均一性に優れた極細の溶媒可溶なポリイミドナノファイバーの製造方法を提供する。
溶媒に可溶なポリイミドを用いてエレクトロスピニング法により極細ナノファイバーを形成する方法を用いれば、従来達成できないような100nm程度の平均径を有するナノファイバーを、10%程度の粒径分布幅で形成することができる。これにより、「高比表面積」、「分子配列効果」、「ナノサイズ効果」によるより高い機能発現を期待することができる。得られた極細ナノファイバーを集積した集積体は、リチウム電池など各種電池のセパレータや電解質膜、フィルタ、医療用絆創膏、医療用バリヤウエブ、医療用組織培養支持体、センサなどの広範囲の材料として使用することができる。
Usage Use field (In Japanese)電池のセパレータ、フィルタ、医療用絆創膏、医療用バリヤウエブ、医療用組織培養支持体
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)公立大学法人首都大学東京, 日本バイリーン株式会社, . (In Japanese)川上 浩良, 福嶋 聡, . METHOD FOR PRODUCING ULTRAFINE NANOFIBER. P2009-270210A. Nov 19, 2009
  • D04H   1/728    
  • D04H   1/4326   
  • D01F   6/74     
  • D01D   5/11     

PAGE TOP