Top > Quick Search > Search Technology seeds > METHOD FOR DECIDING CAUSE AND VARIATION OF ANGIOID STREAKS AND OLIGONUCLEOTIDE USED THEREIN

METHOD FOR DECIDING CAUSE AND VARIATION OF ANGIOID STREAKS AND OLIGONUCLEOTIDE USED THEREIN

Seeds code S130011166
Posted date Jun 7, 2013
Researchers
  • (In Japanese)中山 智祥
  • (In Japanese)水谷 吉宏
  • (In Japanese)湯澤 美都子
  • (In Japanese)佐藤 直之
Name of technology METHOD FOR DECIDING CAUSE AND VARIATION OF ANGIOID STREAKS AND OLIGONUCLEOTIDE USED THEREIN
Technology summary (In Japanese)弾力線維性仮性黄色腫の原因遺伝子であるABCC6遺伝子のバリアントと網膜色素線条症(AS)の関連を確認し、ABCC6遺伝子のバリアントを調べることで、59.3%という高確率で発症前のASの確定的な判定が可能な判定方法を得た。このASの判定方法を用いることで、ASに対する早期発見、早期治療が可能となる。本発明の判定方法を用いるAS判定キット、AS発症予測キット、AS診療指導キット等の提供は、研究や臨床において有用である。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2008-313092.gif
Research field
  • Genetic variation
  • Eye diagnosis (= ophthalmic diagnosis)
  • Blood tests (=hematologic tests)
Seeds that can be deployed (In Japanese)網膜色素線条症(AS)の判定方法を提供する。
網膜色素線条症(AS)の判定方法により、ASに対する早期発見ができる。臨床においては臨床 像からASの判定をさらに確かにすることができ、確診率が高められる。さらに判定後の治療として定期的に診断を受けるという方針を立てることができる。またこの判定方法に用いられるAS判定キット、AS発症予測キット、AS診療指導キット等の提供により、簡便にASに対する早期発見を行うことが可能となる。
Usage Use field (In Japanese)網膜色素線条症診断技術、網膜色素線条症診断キット
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人日本大学, . (In Japanese)中山 智祥, 水谷 吉宏, 湯澤 美都子, 佐藤 直之, . METHOD FOR DECIDING CAUSE AND VARIATION OF ANGIOID STREAKS AND OLIGONUCLEOTIDE USED THEREIN. P2009-159954A. Jul 23, 2009
  • C12Q   1/68     
  • C12N  15/09     
  • C12M   1/00     
  • G01N  37/00     
  • G01N  33/53     

PAGE TOP