Top > Search Technology seeds > TOOL FOR IN VITRO WOUND HEALING ASSAY OR METHOD FOR PREPARING WOUND

TOOL FOR IN VITRO WOUND HEALING ASSAY OR METHOD FOR PREPARING WOUND

Seeds code S130011326
Posted date Jun 7, 2013
Researchers
  • (In Japanese)山口 洋子
  • (In Japanese)大島 光宏
Name of technology TOOL FOR IN VITRO WOUND HEALING ASSAY OR METHOD FOR PREPARING WOUND
Technology summary (In Japanese)「創傷作製用用具」とは、生体外で培養している組織や細胞などに創傷を作製するためのブレードを有する用具のことを言う。本発明の創傷作製用用具は、先端部分に1.0~7.0mmの幅を有するブレードが、ブレード支持体によって、棒状の柄に保持されたものである。この創傷作製用用具のブレードの先端部分を細胞に接し、細胞を掻き取ることで、ブレードの先端部分の幅に合わせて均一な創傷部分を作製することができる。さらに本発明の創傷作製用ガイドによって、この創傷作製をサポートすることにより、創傷作製を安定して行うことができる。この創傷作製用ガイドは、シャーレや多穴プレート上に培養された細胞に均一な創傷部分を作製するための定規部分または、定規部分と定規部分を支持するためのシャーレや多穴プレートの側面に沿った創傷作製支持部分を有することを特徴とする。図1にブレード(2)の一例を示したが、(a)先端部分の1.0~7.0mmの幅が線による幅であり、幅に対する側面の形状が三角形のブレード(2)、(b)先端部分の1.0~7.0mmの幅が線による幅であり、幅に対する側面の形状が五角形のブレード(2)、等が示される。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2009-212903.gif
Research field
  • Microorganism inoculation and culture methods
Seeds that can be deployed (In Japanese)本発明は、生体外創傷治癒試験用用具の提供を課題とする。更に詳しくは、シャーレやフラスコなどで培養した細胞や組織を用いて創傷治癒試験を行うにあたり、細胞や組織に創傷を与えるために使用する生体外創傷治癒試験用用具の提供を課題とする。また、本発明の生体外創傷治癒試験用用具を用いた創傷作製方法の提供を課題とする。
本発明の生体外創傷治癒試験用用具を用いることにより、均一な創傷部分を有する細胞または組織を作製することができる。そして、この均一な創傷部分を有する細胞または組織を用いることで、創傷治癒に有用な物質のスクリーニング等を定量的に行うことが容易となる。
Usage Use field (In Japanese)生体外創傷治癒試験用用具キット、創傷作製装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人日本大学, . (In Japanese)山口 洋子, 大島 光宏, . TOOL FOR IN VITRO WOUND HEALING ASSAY OR METHOD FOR PREPARING WOUND. P2011-062087A. Mar 31, 2011
  • C12M   1/34     
  • C12N   5/071    

PAGE TOP